ページトップ

渋谷区立図書館

〒150-0001 渋谷区神宮前1-4-1
電話 03-3403-2591

All Rights Reserved, Copyright©Shibuya City Libraries

閉じる

『新修渋谷区史』の索引 「カ行」

 

カイ外苑中学校 昭和39年3071
海岸線 石器時代52
開基円住院 江戸1120
開基秀教坊正入1195
開基秀教坊正入1210
回教学校 大正2092
外国人居住者 戦後2830
外国人殺傷事件1031
開国をめぐる騒乱1023
開墾地取扱 明治初期1615
開山正入の俗系1189
開山竜岳の伝1222
海進 自然13
海退 自然13
開拓使官園1661
開拓使牧場1663
開拓使用地1595
開拓掛開墾地1595
勧業寮試験場1597
開拓使用地1598
開拓使一号地1601
開拓使二号地1601
開拓使三号地1601
御料地1602
第一御料地1603
第二御料地1603
第三御料地1603
開帳 「武江年表」1311
貝塚106
街道と助郷制度573
外壁 代々木八幡遺跡76
改良水道の創設 明治期1796
貝類 縄文時代51
カエ嘉永2年の講の禁令1285
寛永2年旗本屋敷の基準644
替地大崎村三百石1205
替地の寺社領390
家屋保持のいましめ983
カカ抱屋敷と民衆835
抱屋敷に関する禁制642
抱屋敷の実例641
抱屋敷の性格640
「抱屋敷寄帳」の記載 諦聴寺1272
カキ夏季施設 昭和前期2422
夏季施設 戦後3031
臨海学校2422
林間学校2422
臨海学園の再開3031
高原学園の開設3032
プールの設置3032
下級家臣団知行割322
下級役人の大縄屋敷714
下級役人の屋敷666
カク隔雲亭2077
郭雲亭跡1368
学恩寺 満歳山1178
郭外の主要屋敷318
角行とその流派 (かくぎょう)1278
学区 渋谷区成立直後2220
学区の設置 明治初期1672
各種学校 昭和前期2431
高等電気溶接学校2431
高等工業技術学校2432
昭英学園2432
渋谷商業実践女学校2432
青山タイピスト学院2432
高橋洋裁女学校2433
文化服装学院2433
高等鍼灸医学校2434
昭和裁縫女学校2434
温故女学院2434
日本高等鉄道学校2435
各種学校 私立 昭和39年3102
文化服装学院3102
東京服装学園3103
東京服飾アカデミー3104
日本デザインスクール3104
東京高等服装女学院3105
桑沢デザイン研究所3105
サロン・ド・シャポー学院3105
チヨダ・シャポー・アカデミー3106
山野高等美容学校3106
テルミー美容高等学院3107
山下料理学院3107
服部栄養専門学校3107
東京高等経理学校3108
東都タイピスト学校3108
国学院大学幼稚園教員養成所3108
日本社会事業学校3109
日本赤十字社助産婦学校3109
代々木学院3109
代々木ゼミナール3110
河上英語学院3110
国際英語学校3111
東京日本語学校3111
東京人形学院3111
東京俳優学校3112
その他の各種学校3112
各種学校の発達 戦後3040
各種団体の救護活動 関東大震災2153
学制時代の公立学校 明治初期1686
学制の発布 明治初期1670
拡張計画失敗1058
学童健康相談所 戦後3033
学童の集団疎開 戦時下2508
学徒動員 戦時下2506
勤労動員2507
学務委員 渋谷区成立直後2244
学務委員の権限2244
歴代学務委員2244
学務委員の権限 渋谷区成立直後2244
カケ筧邸の分割684
欠塚1358
加計塚小学校 昭和39年3055
欠塚尋常小学校 明治から大正2050
カコ鹿児島藩島津家下屋敷673
カサ火災969
火災覚知の変遷 戦後2897
家財道具の疎開1033
火災年代記969
火災発生件数の変遷 戦後2893
カシ貸出金 戦後2988
貸付金の推移 昭和初期2387
カス加助郷免除の村々594
ガス消費量 戦後2908
和宮降嫁と御用人足1026
和宮降嫁との関係 千代田稲荷神社1170
和宮の下向1026
霞山の縁起1444
霞山略縁起1449
カセ化政期の関東改革991
化政・天保期の様相991
稼人の身元保証837
河川 自然28
河川と用水の改修 昭和初期2321
カツ学校医の設置 昭和前期2423
学校衛生 戦後3033
学童健康相談所3033
富山養護学園3036
学校給食の実施 戦後2621
学校施設の拡充 戦後3025
内部施設の拡充3029
視聴覚教育3029
学校令と義務教育 明治初期1868
小学校令の公布1868
勝瀬村尾崎家領の上知379
カッティング・スクール 昭和39年3112
カテ家庭菜園 戦後2592
家庭防火郡 戦時下2487
カト加藤家(水口藩)中屋敷689
過渡期の財政規模2550
カトリック 戦後3137
カナ金杉川、古川 自然29
カネカネ塚(古墳)128
カノ加納家(一宮藩)下屋敷691
加納家(一宮藩)下屋敷805
加納藩永井家抱屋敷715
カフ兜建観世音1408
兜建観音  中世301
株仲間解散令1010
カマ鎌倉期の渋谷氏187
鎌倉御所263
鎌倉時代の渋谷と渋谷氏171
鎌倉道257
鎌倉道1351
鎌倉幕府と江戸氏171
鎌倉幕府と渋谷氏171
鎌倉幕府と武蔵国176
鎌倉幕府の滅亡261
鎌倉府263
カミ上渋谷村1566
上渋谷村 明治21年の物産1811
上渋谷村上知組344
上渋谷村の概況426
上渋谷村の小名427
上・下渋谷村上知組の成立434
上豊沢村1566
上豊沢村の概要438
上中下渋谷村 「場末往還」の記載423
神原1405
神谷家の系譜366
神谷家領327
神谷家領 幡ヶ谷村371
神谷家領の削減368
神谷家領の成立366
神谷家領の田畑の比率371
上屋敷639
上屋敷は僅少655
神谷正次の所領366
カム禿塚1355
カメ亀井家(津和野藩)下屋敷712
カモ貨物出入にみる建設事業 昭和初期2370
貨物の集散量と工業の関係 大正2002
かもん(掃部)百姓宅地跡1361
カヤ火薬庫分水の合流 三田用水1830
火薬製造所と農民の反目 三田用水1832
カラ唐津藩小笠原家抱屋敷813
カリ仮校舎の使用 戦後2616
狩の御宿907
狩谷棭斎と松崎慊堂1076
苅谷藩土井家中屋敷784
カレ瓦礫と化した町 戦後2525
瓦礫と混乱の町 戦後2525
カワ河上英語学院 昭和39年3110
川崎庄司次郎館跡1360
川崎掘堀替え494
カン簡易職業求人 戦後2998
簡易信号機第1号 戦後2731
寛永以後の後の転住寺院1254
官営工場の設置 明治期1843
寛永の地方直し327
願海筆寺号額1203
灌漑用水から工業用水へ1827
灌漑用水としての玉川上水の余水と三田用水512
寒気湖 自然42
環境浄化運動 戦後3123
教育環境対策3123
日米連絡協議会3123
文教地区の指定3125
新生活運動3126
美化運動3126
修養団3127
勧業政策 明治初期1660
開拓使官園1661
官用地1662
開拓使牧場1663
農談会1664
東京府寺砂利取場1664
勧業寮試験場1597
官軍到着 明治初期1464
官軍屯所 明治初期1464
監査委員 戦後2675
寛政12年の石高 江戸369
「寛政呈譜」の記事 寺社の記録 江戸1104
完全給食の実施 戦後3030
神田上水479
神田上水490
神田上水助水513
神田専西寺1202
関東学園附属すみれ幼稚園 昭和39年3102
関東諸地域の変化 江戸326
関東大震災1914
関東大震災2145
渋谷区地域の被害 関東大震災2146
救護の開始2147
各種団体の救護活動2153
警備活動2156
関東大震災時の各町の救済人数2149
関東大震災と近郊地帯の発展2145
関東大震災と渋谷区地域2145
関東大震災復興計画への変更 大正1971
関東取締出役の設置992
関東の動乱と渋谷272
「寛文印知集」の記載 江戸363
寛文延宝期の検地337
神戸藩本多家下屋敷729
官用地 明治初期1662
歓楽地帯の発生 明治から大正2041
歓楽地帯の発生 明治から大正2041
弘法湯と花街の発達2041
組合の結成2042
三業許可地の指定2042
大和田横丁2044
寒冷気温 自然16
甘露水 江戸の飲料水477
甘露水1334
 

キイ紀伊(徳川)家添地721
紀伊(徳川家)下屋敷の切坪変遷702
紀伊徳川家抱屋敷716
紀伊徳川家下屋敷700
和歌山藩徳川家下屋敷の切坪変遷702
紀伊徳川家添地721
議員の選挙 渋谷区成立直後2229
議員の任期 渋谷区成立直後2229
キオ気温 自然38
気温勾配 自然39
気温上昇 自然17
気温変動史 自然16
キキ企業の成長 昭和初期2366
企業の内容法人の構造2366
初期の法人企業の分布と成長2367
法人企業の発達2367
産業別内容 昭和初期2368
キケ議決機関 渋谷区成立直後2229
キサ偽作庚申塔1365
キシ岸記念体育館 昭和39年3164
岸辺幼稚園 昭和39年3102
岸辺幼稚園 昭和前期2426
基準をこえる屋敷646
気象的立地 自然37
岸和田藩岡部家抱屋敷669
キタ木田郷 古代151
木田好座の文817
北谷稲荷  中世305
北谷稲荷神社1171
承応の再建1171
土師家天満宮1172
キチ吉祥寺領一部大久保村に替地399
吉祥寺領戸数と人口399
吉祥寺領の貢租552
吉祥寺領の成立395
吉祥寺領町屋二か所898
キト木戸番909
キム木村軍太郎1363
キユ旧穏田 第6編近代の渋谷序1460
吸江寺の転住1249
石潭禅師行状1251
慶安3年建立1252
延宝8年入寂1253
罹災者の収容2148
関東大震災時の各町の救済人数2149
渋谷町の収容施設2149
救済物資の配給2149
米の廉売2150
渋谷警察署の救護支援2150
恩賜金の配布2150
生業資金の給与2151
渋谷町長の布告2151
震災彙報の発行2152
救護の開始 関東大震災2147
救護の開始 関東大震災2147
救済事業(一般的) 昭和前期2451
行旅病人行旅死亡人救恤2452
貧困証明および施療券交付2452
人事相談2453
方面委員2454
福田会2455
救済物資の配給 関東大震災2149
旧三町社会事業の沿革 昭和前期2450
旧三町の教育施設 昭和前期2405
旧三町の性格とその位置 渋谷区成立直前2203
旧渋谷地区 下級役人の小屋敷659
旧渋谷地区 下級役人の小屋敷660
旧渋谷地区の大名屋敷654
旧渋谷地区の旗本屋敷658
旧渋谷地区の武家屋敷654
旧渋谷の大名屋敷一覧656
旧渋谷の変化 明治初期1451
明治初期の宮益町1453
渋谷の花街1454
道玄坂の変遷1454
渋谷広尾町1456
求職数 戦後2997
求人求職 女子の状況 戦後2998
求人求職 男子の状況 戦後2999
求人求職 年間の推移 戦後3002
給水経路2852
給水経路 戦後2852
旧千駄ヶ谷 第6編近代の渋谷序1458
旧千駄ヶ谷町 町名地番の整理改正 昭和7年2217
旧原宿 第6編近代の渋谷序1460
旧代々幡 第6編近代の渋谷序1461
旧代々幡町 町名地番の整理改正 昭和7年2215
丘陵上地層 自然18
丘陵表土 自然19
キヨ教育 戦時下2501
教育 明治初期1665
近代教育の出発点1665
近代教育のあけぼの1665
近代教育の発足点1668
学制の発布1670
学区の設置1672
教育 明治初期 庶民1675
教育委員 公選制から任命制へ 戦後3020
教育委員 戦後2665
教育委員会 戦後2664
教育委員会委員 戦後3020
教育委員会事務局 戦後2666
教育委員会の成立 戦後3018
文教委員会3019
公選制から任命制へ3020
教育委員会委員3020
教育環境対策 せんご3123
教育機関の発展 明治から大正2045
小学校令の改正2045
教育施設の拡充 戦後3018
教育施設の被災 戦時下2511
教育諸団体 昭和前期2448
渋谷区教育会2448
皇典講究所2448
温故学会2448
修養団2449
教育制度の整備 明治初期1865
教育長 戦後2665
教育と学問 近世1067
教育と宗教 戦後2616
教育と宗教の現況 戦後3018
教育の現状 戦後3044
特殊学級3045
奨学資金運営委員会3047
青少年問題協議会3047
青少年対策地区委員会3047
補導連絡会3047
青少年委員3047
日本学校安全会3047
教育の変形 戦時下2506
青山学院への圧迫2506
国学院大学2506
教育の民主化 戦後2617
教育費 戦後2629
教育費 明治初期 村1722
教育予算の変遷 明治初期1877
教育令の公布 明治初期1865
行基作(伝)の眼玉の観音1182
恐慌後の銀行 昭和初期2384
行政委員会と委員 戦後2664
教育委員会2664
教育委員2665
教育長2665
教育委員会事務局2666
職員の配置2667
選挙管理委員会2668
選挙管理委員2668
委員会の職務権限2670
事務局2670
投票所と投票区2671
監査委員2675
行政区域の変遷 明治初期1736
行政区域の変遷 明治初期1736
大区小区制の廃止1736
明治11年の組替え1737
豊沢村の合併1740
千駄ヶ谷村の成立1740
明治19年の改定1740
明治22年の改正1740
代々幡村の成立1741
渋谷村の成立1741
豊多摩郡の起立1741
行政区画の変遷 明治初期1466
共同作業所 戦後2871
共同住宅の分布 昭和39年3015
仰徳国民学校の廃止 戦後2617
教如上人真影裏書1199
教部省1525
享保改革と鷹狩の復活615
享保3年の制度912
享保13年の洪水959
享保10年の火事970
享保2年の触642
享保年間の助郷村々587
享保4年の制645
享保期の放鷹615
橋梁 明治から大正1971
市中橋銘間数書上1972
東京府志料の橋1973
大正初期の橋1975
享和元年青山忠裕の修覆 寺社の記録1108
享和元年棟札 寺社の記録1109
清正井戸1338
清正の井戸2085
魚類 縄文時代51
キラ吉良氏の支配と渋谷273
吉良頼康273
キリキリスト教 戦後3136
キリスト教 大正2089
キリスト教 明治中期以後1901
日本基督教団3136
日本基督改革派3136
カトリック3137
キン金華寺2087
銀行 明治から大正2026
近郊経済の展開921
近郊町村の矛盾 渋谷区成立の背景2207
近郊野菜生産の発達 江戸時代923
銀行預金と貸付金 昭和初期2385
預金とその推移2385
貸付金の推移2387
近世 渋谷区史序章5
近世後期の渋谷区地域991
近世社会の成立と渋谷区地域311
近世初期創立の寺院1173
近世的知行の成立311
近世の渋谷311
近世の渋谷文化1067
金石文の記年銘 寺社の記録 江戸1116
近代教育のあけぼの1665
近代教育の出発点1665
近代教育の発足点1668
近代工業の発生1842
近代産業の萌芽 明治期1799
近代渋谷の誕生と発展1451
近代資本制の工業 明治期1849
近代初期の教育1665
近代の渋谷1451
近年の交通調査 戦後2743
金融会社 明治から大正2032
金融機関の現況 戦後2985
預金と貸出金2986
預金2986
貸出金2988
金融機関の復活 戦後2605
金融業とパニック 昭和初期2383
金融業の変化と発展 昭和初期2383
金融業とパニック2383
恐慌後の銀行2384
市街地信用組合2385
勤労動員 戦時下2507
 

区・郡長への委任事務1703
クウ空襲とその被害 戦時下2513
空襲の前後 戦時下2500
クエ区営運動場 戦後2884
区営競馬 戦後2709
クカ区会意見書 渋谷区成立直後2240
区会議員 渋谷区成立直後2231
区会議決事項 渋谷区成立直後2235
区会議長と副議長 渋谷区成立直後2233
区会の権限 渋谷区成立直後2220
区会の職務権限 渋谷区成立直後2230
九月二十九日 氷川神社祭日1314
クキ区議会開会数 戦後2648
区議会議員待遇者 戦後2650
区議会事務局 戦後2650
区議会における会議の種類 戦後2648
議会開会数2648
区議会の委員会 戦後2645
区議会の権限 戦後2638
区議会の構成 戦後2641
歴代議員2641
歴代議長2642
歴代副議長2644
区議会の性格 戦後2637
区教育委員会の成立 戦後3018
区境線 自然12
クク区郡長の掌管事務1701
クサ区財政の大変革 戦後2553
クシ苦情処理 戦後2928
クセ区政モニター 戦後2929
クタ下り米と地廻り米931
クチ口米・口永536
区長・郡長 明治初期1701
区長選挙 戦後2584
区町村会法 明治初期1705
区町村総代人制度の施行1696
区長の付属機関 戦後2677
区長とその補助機関 戦後2651
区長の選挙と選任2651
区長の職務権限2651
歴代区長2652
助役2652
収入役2653
職員2653
事務分掌2656
事務分掌の変遷2658
出張所2661
区長の職務権限 戦後2651
区長の職務権限 渋谷区成立直後2223
区長の選挙と選任 戦後2651
クナ区内学校の沿革 昭和39年3047
区内古墳文化の特色122
区内産業の構成と現況 戦後2931
区内縄文文化の流動と他地域との交渉104
区内で行われた競技 昭和39年3157
区内のオリンピック施設 昭和39年3150
区内の検問所 関東大震災2157
区内の自動車保有数 戦後2912
区内の人口密度分布 戦後2793
昭和30年から33年の変化2798
区内の名泉477
区内の労働行政 戦後2995
区内の労働組合 戦後3002
区内便局 昭和初期2318
クニ国役金と諸人夫役540
クノ区の教育行政 戦後2628
都教育委員会2629
教育費2629
区の建築行政 戦後2844
区の産業構成 戦後2931
区の執行機関 渋谷区成立直後2223
区長の職務権限2223
歴代区長2225
区の小学校増改築計画 昭和前期2407
区の設置(渋谷町内)1913
区の中小企業振興対策 戦後2990
クホ久保町の由来885
武家屋敷の鎮守から町方の氏神へ1148
延享2年の棟札1149
氏子地域1150
別当浄性院1151
熊野神社文書1151
古来の通除地に願度に付願書1151
水帳の写1153
寺社奉行所帳面写1153
延宝3年浄栖寺末を離れ智積院末となる1154
安政2年地震にて大破1155
安政3年大風雨にて破損1155
安政6年焼亡1156
紀伊徳川家へ請願1156
正保3年4月勧請1157
縁起一巻1157
延享2年類焼1158
三百両手当金1158
徳川治宝の参詣1158
クマ熊野権現原宿と紀伊徳川家1148
熊野権現別当浄性院1151
熊野信仰281
熊野信仰と渋谷氏281
熊野神社 穏田1164
浅野氏室の再建1165
万治2年の法華経奥書1166
浅野邸に囲い込まる1167
浅野家末姫尊崇の社1168
浅野邸の上知1168
熊野社村持に戻る1168
熊野神社神器目録1168
熊野神社文書 原宿1151
熊野大権現縁起1435
クミ組合及び商店会 昭和初期2346
組合結成の方法1006
組合辻番652
組合の寄合1002
組合村の設定996
組合村の負担1007
組合村の役割1006
組合村々の非常体制1048
組別のまとい916
区民生活 戦後2564
区民生活 戦後2788
区民生活の圧迫 戦時下2498
区民生活の側面 戦後2908
区民相談機関 戦後2928
苦情処理2928
区政モニター2929
区民のガス消費量 戦後2908
区民の嗜好 戦後2914
区民の税金 戦後2582
都税負担額2584
区民の税金都内の位置 戦後2917
特別区税2922
納税貯蓄組合2928
クモ蜘の井476
クヤ区役所・郡役所 明治初期1701
区役所仮庁舎 渋谷区の成立2219
区役所出張所 戦後2549
区役所庁舎と区公会堂 渋谷区の成立2219
区役所仮庁舎2219
新庁舎の竣工2219
区役所の事務 渋谷区成立直後2222
クユ区有財産 戦後2709
区営競馬2709
クラ鞍掛松1343
クリ区立小・中学校の増設 戦後3025
区立小学校 昭和39年3048
区立中学校 昭和39年3068
区立幼稚園 昭和39年3075
区立幼稚園の開設 戦後3038
クル車の保有数 明治21年1777
久留米藩有馬家下屋敷773
クロ黒鍬谷1405
黒鍬谷の俗称676
黒鍬者大縄地724
黒鍬者大縄地731
黒鍬者大縄地735
黒鍬者大縄地749
黒鍬者大縄地759
黒鍬者大縄屋敷676
黒田家(福岡藩)下屋敷672
黒船来航と江戸近郊1020
クワ桑沢デザイン研究所 昭和39年3105
桑茶政策とその影響1618
桑茶布告の内容1619
政策の転換1621
民間の茶園1622
代々木の茶1623
茶摘み唄1624
クン郡会定員1924
郡区町村編成法 明治初期1700
郡区町村編成法の施行 明治初期1700
郡政局1472
郡制の施行とその消長1924
南豊島郡1924
南豊島郡東多摩郡聯合郡1924
豊多摩郡の新設1924
郡会定員1924
郡制の廃止1924
郡長1925
郡制の廃止1924
郡長1925
軍馬の碑1370
 

ケイ慶安2年の朱印状 寺社の記録1113
慶安以前の除地 寺社の記録1114
慶安から元禄初年の変化336
慶安の御触書336
慶安の検地定336
経営者 私学・家塾1681
慶應義塾幼稚舎 昭和39年3081
慶應義塾幼稚舎 昭和前期2428
京王線の影響 宅地の変遷 明治後期から大正1945
京王電鉄 昭和初期2277
京王電鉄のバス利用 昭和初期2279
芸妓屋組合の結成 明治から大正2042
経済保護事業 昭和前期2457
警察 戦後2573
警察 戦後2887
警察・消防の整備(渋谷区地域)1930
警察・消防の発達 昭和初期2325
警察機構の拡張 昭和初期2325
警察制度の濫觴1521
東京府兵1521
邏卒1521
東京警視庁1521
番人制廃止1521
巡査屯所1522
第六分署1522
地方自治体警察2573
警視庁2574
派出所2890
警察の整備1930
渋谷警察署の設置1930
渋谷警察分署1930
派出所1930
渋谷警察署1930
庁舎建設1931
派出所・請願派出所1931
警察の創始1774
巡査箱番所1774
宮益坂交番所1775
下渋谷派出所の前身1775
中渋谷駐在所1775
道玄坂上派出所1775
下渋谷派出所1775
警視庁 戦後2574
芸州浅野家下屋敷の庭園832
敬順の遊覧記829
係争関係者938
境内興行の誓約書1323
慶長・元和期知行326
景徳院と東江寺1226
景徳院の寺名改称 明治中期以後1897
自警団2156
区内の検問所2157
警備活動 関東大震災2156
警備活動 関東大震災2156
警防団の結成 戦時下2488
敬老館 戦後2873
ケス下水道 戦後2857
下水の処理917
ケツ月光院御広敷小遣之者大縄地739
月光院殿小遣者屋敷762
欠食児童保護 昭和前期2422
ケノ毛野君(けのきみ) 古代146
ケミ検見法535
ケン健康相談所 昭和初期2329
源氏との関係 寺社の記録 江戸1103
原始農耕期 渋谷区史序章3
源氏山1403
建設事業 貨物出入りにみる 昭和初期2370
現代の区民生活 戦後2788
現代の交通機関 戦後2734
現代の渋谷 戦後2525
現代の宗教 戦後3127
検地 延宝2年397
建築行政 戦後2844
建築物の推移2838
建築物の推移 戦後2838
建築物の内容 昭和初期2398
元文3年の制646
検見役人の廻村1015
倹約と吝嗇の区別982
元禄16年日寛入寺す1258
元禄・享保期の天災957
元禄9年の制645
元禄検地の請書345
元禄検地の特質345
元禄15年の制645
元禄15年の大火970
元禄10年上知の内藤邸跡763
元禄10年上知の内藤邸跡781
元禄16年の地震958
元禄年間の建立と転住1234
元禄年間の転住寺院1234
元禄の地方直し341
元禄の修覆 寺社の記録1106
元禄の助郷村々595
元禄8年と10年の両検地349
 

コウ講 元講と枝講1284
香陰亭817
香陰亭の記817
春の風情818
秋のようす819
香陰亭名付けの由来820
夏の景物820
冬のけしき820
秋野の御茶屋821
享保10年上知821
漱石関821
風詠台821
振衣峯821
憩陰岡822
観徳場822
琵琶池822
褰裳橋822
槇立山822
灌花井822
追風埒822
臥竜棚822
御花畑822
御数寄屋跡822
冬至梅823
求来梅823
紫の扉823
寒紅梅823
飛梅823
西行梅その他823
椿のいろいろ824
楓のいろいろ824
沙羅双樹824
信田社葛葉824
三島明神824
宝珠神825
野田稲荷825
匏繋廬826
一里塚826
御鷹部屋跡826
滝見堂旧地826
懸釣子826
826
三棟稲荷827
下渋谷別業827
四方霊御神社827
五重塔827
三本松828
菱の御茶屋828
好音幼稚園 明治から大正2065
公益質屋 戦後2871
公園 戦後2879
公園・児童遊園地・運動場 戦後2879
鍋島松濤公園2882
山谷公園2883
羽沢公園2883
代々木練兵場跡2883
明治公園2883
国府方1356
公儀辻番652
工業 渋谷区成立前後 昭和初期2373
工業 昭和初期2369
工業業種別の盛衰 昭和初期2376
公共施設と生活 戦後2573
市域編入後2374
工業種目の増加2007
公共職業安定所 戦後2612
工業地帯 昭和39年3011
工業の概要 戦後2938
工場団体2938
工業の規模と構成 戦後2941
工業の規模別の分布 戦後2942
工業の業種別分布 戦後2943
工業の現況 戦後2939
工業の再生 戦後2606
工業の推移 昭和初期2375
工場数の推移2375
生産価額の変遷2376
工業の大規模化 大正2008
工業の特性 昭和初期2379
工業の特別区内における位置 戦後2939
工業の内容と変遷 大正2003
千駄ヶ谷地域2005
工業種目の増加2007
工業の大規模化2008
「豊多摩郡誌」にみる産業2011
工業の発達と内容 大正2000
工場の分布状態2000
渋谷川工業地帯の形成2000
貨物の集散量と工業の関係2002
工業の変遷 昭和初期2369
工業 明治期1842
官営工場の設置1843
初期工業の内容1844
千駄ヶ谷地域の工業1845
渋谷川地帯の工業1845
初期における工場の立地1847
恵比寿ビールと馬越恭平1847
近代資本制の工業1849
工業用水1827
高家品川家下屋敷772
高家堀川家下屋敷772
高原学園の開設 戦後3032
高札505
高札場862
工事設計者と工事担当者481
工事の管轄と保安施設 戦後2730
保安施設2731
簡易信号機第1号2731
緑のおばさん2731
渋谷区安全会2731
校舎の復興 戦後2619
甲州街道575
甲州街道 明治から大正2040
甲州街道内藤新宿の助郷594
公衆食道 昭和前期2461
公衆電話 明治1982
工場一覧表 大正2009
工場協会連合会 戦後2611
工場数・従業員・産額の推移 戦後2939
工場数の推移 昭和初期2375
工場団体 戦後2938
工場の分布状態 大正2000
黄塵 自然41
庚申信仰 江戸1293
降水量 自然40
公設市場 昭和前期2459
公設市場と私設市場 昭和初期2350
市場の売上高2351
地域的特性2351
売り上げの推移2351
私設市場2352
公設消防組の整備1932
強訴・徒党の禁997
貢租の種類533
貢租の種類と性格533
郷村の年寄制1481
耕地と農業人口の変化 明治期1816
耕作地の増減1816
農業人口の変化1818
交通機関 戦後2575
交通機関 戦後2734
私鉄の状況2575
交通量調査2577
交通機関の拡大 昭和初期2273
交通機関の特質 戦後2737
交通調査 戦後2743
交通調査に見る交通状況の変遷 昭和初期2294
大正14年の交通調査2294
昭和8年の交通調査2307
昭和16年の交通調査2314
交通量調査 戦後2577
校庭開放 戦後3119
皇典講究所 昭和前期2448
高等学校 私立 昭和39年3082
高等学校 都立 昭和39年3076
第一商業高等学校3077
代々木高等学校3078
広尾高等学校3078
青山高等学校3079
高等工業技術学校 昭和前期2432
高等女学校および実践高等女学校 明治から大正2066
実践高等女学部・同実科高等女学部2067
常磐松高等女学校2067
青山学院高等女学部2068
高等鍼灸医学校 昭和前期2434
高等電気溶接学校 昭和前期2431
慊堂日歴1071
石経山房の位置1071
石経山房の塾生1072
大名と松崎慊堂1074
松平家西条藩での講義1074
世子補導の法1074
佐倉藩邸の孔子廟1075
安中藩板倉家と松崎慊堂1075
将軍に御目見え1076
狩谷棭斎との交流1076
松崎慊堂の遊覧1076
渋谷川の蛍1077
広尾原遊覧1077
石経山房の庭園1077
氷川社の祭礼1078
羽沢村民の名前1078
博奕の制止1079
上知令を聞く1079
講に対する幕府の干渉1285
弘法湯と花街の発達 明治から大正2041
御厩火除地735
公用書1140
盗品一件訴状1140
村名書替一件に付願書1141
境内除地書上1142
社殿再建に付寺社奉行印状1143
境内立木植付に付一札1143
墓守番小屋再建に付願書1144
寮建増に付願書1144
年季奉公人退散に付願書1145
強力権現  中世303
公立学校 学制時代 明治初期1686
渋谷小学校1686
千駄ヶ谷小学校1688
臨川小学校1690
公立教育施設の拡充 昭和前期2401
公立高等学校 戦後2630
公立実業学校の開設 明治から大正2062
東京府立第一商業学校2062
府立商業補習学校2063
実業補習学校2063
幡代実業補習学校2063
臨川実業補習学校2063
渋谷実業補習学校2063
府立商業補習学校2063
公立小学校の新設 明治から大正2048
光隆寺 昭和前期2469
行旅病人行旅死亡人救恤 昭和前期2452
香林院の転住1230
 
コオ郡山藩柳沢家屋敷723
コカ五街道の脇往還574
コク国学院高等学校 昭和39年3088
国学院大学 昭和39年3090
国学院大学 戦時下2506
国学院大学 明治から大正2071
国学院大学幼稚園教員養成所 昭和39年3108
国際英語学校 昭和39年3111
国際基督教団 戦後3138
国際クッキング・スクール 昭和39年3112
国際文化理容美容学校 昭和39年3112
黒色表土 自然15
国勢調査にあらわれた人口 昭和初期2265
国勢調査に見る人口増 大正1958
年齢構成1960
生産人口1961
「極秘録」の記事 江戸378
「極秘録」の記事 江戸381
「極秘録」の記事 島田家領382
国分寺の創立 古代155
国民学校の状況 戦時下2502
国民学校の整理統合 戦後2617
原宿仰徳国民学校の廃止2617
穏原小学校記念碑2618
児童数の激減2618
国民健康保険 戦後2876
国民健康保険運営協議会 戦後2680
国民健康保険事業特別会計 戦後2707
国民健康保険と国民年金 戦後2876
国民健康保険2876
国民年金2878
国民年金 戦後2878
極楽の井476
国立大学 昭和39年3080
国立大学 戦後2630
ココ御高札530
戸口の復帰 戦後2564
心得違の者へ教諭1000
コサ小作経営の一般化976
小作経営の実際978
小作契約と小作料979
御讃の松1180
コシ古渋谷川 自然29
小島文平先祖497
古社と別当寺 江戸1102
古社の別当寺 江戸1096
御書院与力同心大縄地729
御書院与力同心大縄地793
個人事業税からみた産業 戦後2935
「御神領見分取計書」412
コス小菅県1473
コセ戸籍と住民登録 戦後2569
戸籍編成1480
古銭の発掘256
コタ古代 渋谷区史序章3
古代国家の成長139
古代の渋谷139
古代大和国家と古墳120
五反田1553
五反田1559
コチ戸長1702
古町 江戸319
戸長職務1702
戸長制度1517
渋谷区地域の戸長1517
本区地域の副戸長1518
戸長の上部機関1518
区長1519
扱所1519
区務所1519
区長心得1520
戸長心得1520
戸長制度 明治初期1466
戸長歴代1712
千駄ヶ谷村1712
千駄ヶ谷戸長役場1712
原宿村・穏田村1712
原宿・穏田聯合戸長役場1712
代々木・幡ヶ谷村戸長1713
戸長役場1713
上渋谷・中渋谷村戸長1713
戸長役場1713
下渋谷村戸長1713
コト古東京川 自然13
古東京湾 自然12
子供手踊興行1320
コハ子鳩幼稚園 昭和39年3102
コフ古墳 東京地方121
古墳、土師器出土地と大和文化 古代142
古墳時代の衣服124
古墳時代の顔面化粧125
古墳時代の渋谷120
古墳時代の住居123
古墳時代の住居址と遺物134
古墳時代の生活123
古墳時代の服飾・装身具124
古墳 渋谷区地域125
古墳所在地名表131
古墳文化の推移120
古墳文化の特色 渋谷区内122
古墳文化の発生120
コマ護摩供軽く神楽盛んとなる1318
護摩供と神楽 氷川神社1315
駒場野620
駒場野一揆1055
駒場野調練場の拡張1056
駒場野と渋谷区地域621
コミ込米・出目米536
コメ米・麦生産額の変化 明治期1810
米の廉売 関東大震災2150
コモ小物成538
小物成場の開発・幕府領の造出359
小物成場の代官支配358
小物成場の縄入349
コヤ子安地蔵  中世301
子安薬師1411
コヨ御用金の賦課555
コラ娯楽産業の急増 戦後2605
娯楽産業の変化 昭和初期2392
娯楽地帯の変化 明治から大正2037
寄席2038
映画館2038
寄席の発達2038
渋谷駅付近の変化2038
盛り場の営業者2039
千駄ヶ谷町の営業者2040
甲州街道2040
コリ御料地1602
第一御料地1603
第二御料地1603
第三御料地1603
コロ挙母藩内藤家下屋敷712
コン金光教 昭和前期2472
金光教 戦後3134
根性院領339
根性院領一部久ヶ原村羽根田村に替地403
根性院領渋谷村に替地402
根性院領の成立402
金王桜235
金王桜1345
金王桜1412
金王町付近の武家屋敷674
金王八幡宮  中世295
金王八幡神社社記1406
日月の旗1407
兜建観世音1408
経基橋1409
麻布1409
渋谷氏1409
誕生池1409
金王麻呂1410
毒蛇の長刀1410
子安薬師1411
金王麻呂影堂1412
金王桜1412
渋谷八幡建立1412
円証寺1412
金王八幡と東福寺 江戸1102
金王丸駒冷池1334
金王丸誕生の池1333
金王丸と土佐房は別人248
金王丸と文学241
金王麻呂1410
金王麻呂影堂1412
金王幼稚園 昭和39年3100
権兵衛屋敷跡1362
混乱期の行政 明治初期1464
婚礼の制限998
「山王領支配目録」408
三町年寄 江戸319
山谷公園 戦後2883
山谷小学校 昭和39年3057
山谷尋常小学校 明治から大正2051
山谷マリアの苑幼稚園 昭和39年3101
残留者とバラックの生活 戦後2526