ページトップ

渋谷区立図書館

〒150-0001 渋谷区神宮前1-4-1
電話 03-3403-2591

All Rights Reserved, Copyright©Shibuya City Libraries

閉じる

> しぶやのページ> 渋谷区史への扉> 渋谷区史年表 

渋谷区史年表

 

参考文献

以下の資料から修正を加え作成しています

  • 『新修渋谷区史』(1966 渋谷区)
  • 『図説渋谷区史』(2003 渋谷区)
  • 『渋谷区史年表 自昭和40年至平成2年』(1991 渋谷区教育委員会)
  • 『渋谷区勢概要 』( 渋谷区) 
【ご注意】旧町名での表記はそのまま使用しています。 月の不明な項目はその年の最後にまとめてあります。
 

石器時代以前

年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
   ナウマン象が生息していた   
 

旧石器時代

年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
   猿楽17番遺跡・恵比寿遺跡・千駄ヶ谷五丁目遺跡   
 

縄文時代

年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
   代々木八幡遺跡始まる(繩文時代早期〜前・中・後期)62 繩文時代(約9千年前〜紀元前2世紀頃)
   鶯谷遺跡(繩文時代中期〜後期)82  
   明治神宮北池遺跡(繩文時代中期〜後・晩期)91・94  
   豊沢遺跡(繩文時代中期〜後・晩期)95・102  
 

弥生時代

年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
   若木町遺跡(弥生時代後期)118 弥生時代(紀元前2世紀〜2世紀)
   猿楽町遺跡(弥生時代後期)2095  
 

古墳時代

年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
   円山町遺跡(古墳時代初期)134 古墳時代(3世紀〜7世紀)
   若木町遺跡(古墳時代中期)137  
   猿楽塚(古墳時代後〜末期)127  
   明治神宮"代々木"の円墳(古墳時代後〜末期)126  
   明治神宮内苑内古墳(古墳時代後〜末期)127  
   常陸宮邸内横穴古墳(古墳時代後〜末期)129  
 

古代

年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
大化2年646   1月改新の詔、国郡制度
神亀2年725 行基、遊行の途次に聖輪寺の観音像を彫刻したという1182  
神亀年間724~728 鳩森八幡社が勧請されたという293  
天平13年741 このころ荏原郡・豊島郡から国分寺造営の瓦を寄献する1553月諸国に国分寺造営
宝亀2年772   10月武蔵国を東海道に編入
弘仁2年811 慈覚大師、氷川明神参詣の時に宝泉寺を創建したという304  
承平年間931~937 このころ成立の『倭名抄』に荏原郡・豊島郡の郡名、木田郷などの郷名がみえる151・154  
永承6年1051    前九年の役
永承~治暦年間 1046~1068  河崎基家、戦功により谷盛庄を与えられたという229  
 河崎基家、谷盛庄渋谷郷に八幡宮を勧請し、親王院を建立したという296・1103  
永保3年1083    後三年の役
寛治6年 1092 1月源義家、谷盛庄に八幡宮を勧請したという295・1102  
1月河崎重家、禁中で賊徒を捕え、渋谷氏の姓を賜わったという229  
永治元年11418月渋谷重家の子、金王丸が出生したという229・236  
永暦元年11601月金王丸、源義朝の謀殺者を斬り、のち僧になったという234  
承安3年1173 円鎮、親王院(東福寺の前身)の堂宇を整えたという298・1102  
治承4年1180   8月源頼朝挙兵
養和元年1181   8月相模の渋谷庄司重国の次男高重、忠節により渋谷下郷の年貢上納を免除される
文治年間1185~1189 このころ穏田村堂免に観音堂(長泉寺の前身)があったという306・1173  
文治5年1189   2月頼朝、大庭野に猟し、渋谷重国の館に宿る
建久2年1191 源頼朝、金王八幡社を再建したという295・1102  
 

中世

年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
建久3年1192   7月頼朝、征夷大将軍となる
建仁2年1202 渋谷高重、親王院を再建し、円証寺(東福寺の前身)と改称したという299・1102  
建暦2年1212 代々木八幡社が創建されたという302・1120  
建暦3年1213   5月和田義盛の乱、相模渋谷氏が衰える
建治3年1277 このころ渋谷氏の一族寺尾為重、豊島郡に居住する227  
弘安9年1286 一遍上人、円証寺(妙祐寺の前身)を建立したという309・1178  
正応5年12929月宝泉寺所蔵の板碑ができる289  
元弘3年1333 武州渋谷の住人竜見平次左衛門重明が入間川合戦で討死したという 5月鎌倉幕府滅亡
延元3年1338   8月足利尊氏が将軍を称し幕府を開く
観応元年135012月長泉寺所蔵の板碑ができる289  
文和4年13554月祥雲寺所蔵の板碑ができる289  
延文5年13609月長泉寺所蔵の板碑ができる289  
延文6年136111月桜丘町出土の板碑ができる2144  
応安年間1368~1374 このころ渋谷長者が栄えたという252・1174  
康暦2年138010月四郎太夫、穏田の稲荷社前に石灯籠をたてたという256  
元中9年1392   閏10月南北朝が合一
明徳5年13945月霊泉院所蔵の板碑ができる289  
応永14年14078月長善寺釈迦如来像(鉄砲観音)ができる1213  
応永27年14205月熊野那智大社米良文書『武蔵国江戸書立』に「しを屋(渋谷)との」の名がみえる283  
康正2年14567月桜丘町出土の板碑ができる2144  
長禄元年1457   4月太田道灌が江戸城を築く
文正年間1466 讃岐直高(田中氏の祖)、駿州田中から上渋谷に移住したという1174  
応仁元年1467   7月応仁の乱
文明8年147610月延命寺所蔵の板碑ができる289  
文明年間1469~1486 田中直高、北谷稲荷を勧請したという305・1171  
延徳3年14916月幸阿弥の碑と称する板碑ができる289 北条早雲が伊豆をとる
明応2年14939月野崎家所蔵の板碑ができる289  
明応9年15001月村岡五郎左衛門重義が『金王八幡神社社記』を書く1102・1406  
永正17年1520 代々木の山中から十一面観音を掘出したという(堀出稲荷)1397  
永正年間1504~1520 僧宥悦が幡ヶ谷荘厳寺を創建したという308・1146  
大永4年15241月北条・上杉の合戦で渋谷地域に戦火が及び、金王八幡社・東福寺・妙祐寺などが焼失したという2651月北条氏綱、上杉朝興と戦い江戸城をとる
大永年間1521~1527 左膳(上渋谷村名主先祖)、堂免の観音を自宅の庵に安置したという(長泉寺の草創)306・1173  
   このころ大和田道玄が活動したという279・1353  
天文2年15335月荘厳寺開山宥悦が入寂する308・1146  
天文15年1546 僧真的、滝見堂観音の堂守となったという307・1173  
天文年間1532~1554 吉良頼康、代々木村宝伝寺を永代に泉沢寺の末寺とすることを証する273  
永禄2年15592月『小田原衆所領役帳』に原宿・幡ヶ谷・千駄ヶ谷・下渋谷の地名がみえる274  
永禄11年1568   9月信長、京都に入る
元亀年間1570~1572 宮益御嶽権現が創立されたという306・1158  
 

近世

年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
天正18年15908月青山忠成、青山に屋敷を賜わる6378月家康、江戸城に入る
9月道玄の庵室、家康に由緒書を提出したという280・1361江戸の屋敷割をはじめる
天正19年1591原宿・穏田両村、伊賀者大繩地となる324・440・44212月関東の有力社寺に朱印地を寄進する
初台局、代々木村内に200石の采地を賜わる384・450・1189
天正年間1573~1591このころ千駄ヶ谷八幡社境内に富士塚を築くという1288直属臣団に知行割を行う
文禄元年1592瑞翁、長泉寺を建立し開山となる307・1173
慶長2年159710月福昌寺開山桂岩良嫩が入寂する11851月秀吉、朝鮮再征討軍を出す
慶長5年16004月穏田の弥太夫の墓碑ができる11639月関ヶ原の戦
慶長7年1602竜岩寺の堂宇ができたという11973月中山道伝馬の制を定める
慶長8年16032月家康、征夷大将軍となる
慶長10年16059月宝泉寺住職実円が『氷川大明神御縁起』を書く1127・14204月秀忠、2代将軍となる
慶長11年1606将軍秀忠の内室崇源院、千駄ヶ谷村内50石を霊山寺に寄進する355・389・3933月江戸城の修築工事を始める
12月慶長通宝を鋳造する
慶長12年1607代々木村領主初台局の養子土井吉次、柴山と改姓する384江戸城天守閣ができる
慶長17年1612渋谷村内70石の地、三浦五郎左衛門家領となる355・371駿府の銀座を江戸に移す
慶長・元和年間1596~1623このころ幡ヶ谷村110石の地、神谷家領となる366
元和元年161510月青山忠俊、金王八幡社を造営する11045月大坂夏の陣、豊臣氏が滅ぶ
元和2年1616渋谷村内58石の地、戸田家領となる3734月家康が歿する
元和4年1618千駄ヶ谷村内100石の地、西福寺領となる356・3892月撰銭と金銀売買を禁じる
元和5年1619渋谷村内50石の地、野間家領となる327・3567月大坂城代を置く
千駄ヶ谷村内50石の地、吉祥寺領となる390・39612月人身売買を禁じる
元和6年16206月湯島専西寺(正春寺の前身)、代々木に移る119011月江戸の神田川を開く
元和8年16228月専西寺開基初台局歿する11906月幕府の使者、諸国を巡視
元和9年1623千駄ヶ谷の長善寺が建立されたという12127月家光、3代将軍となる
寛永元年1624代々木の清岸寺が建立される12143月日光東照宮の陽明門が完成
寛永2年16253月僧了頓、円証寺を再建し真宗に改宗、学恩寺(妙祐寺の前身)と改称する11782月農村取締令を出す
渋谷村内100石の地、吉田家領となる328・356・375旗本知行地の朱印改め行う
寛永3年1626霊山寺領千駄ヶ谷村朱印50石の寄進が行われる390諸国旱魃
寛永4年1627専西寺、浄土真宗に改宗する11908月江戸に洪水、大地震おこる
寛永5年1628このころ渋谷妙祐寺(学恩寺)門前町屋ができる902江戸近郊鷹場9領を定める
寛永6年1629渋谷村内25石の地、森川家領となる328・356・3763月始めて辻番を設ける
寂光寺、麹町から千駄ヶ谷に移る1214江戸城内郭整備工事を行う
寛永7年163011月幡ヶ谷法界寺開山順良が入寂する12147月旗本の養子規則を定める
寛永11年1634紀州郷士亀井氏、渋谷宮益坂に移住したという468長崎に出島を築く
寛永13年1636渋谷村内22石の地、青松寺領となる356・390・4011月江戸城外郭工事を行う
将軍家光、放鷹の途次に長泉寺に立ち寄ったという6126月寛永銭を鋳造する
将軍家光、長泉寺に境内地を下賜したという11768月箱根関令を定める
寛永16年1639千駄ヶ谷長善寺の開基高月尼が歿する12127月オランダ・中国以外との外国貿易を禁じる(鎖国)
寛永17年16407月代々木に彦根藩井伊家の下屋敷ができる8081月旗本に倹約令を出す
寛永19年1642千駄ヶ谷神明社、千駄ヶ谷の旧地に鎮座する1161諸国大飢饉
寛永20年1643渋谷村内40石の地、三浦家領となる328・3569月大名火消の制度を定める 『寛永諸家系図伝』できる
寛永年間1624~1643このころ渋谷村内25石の地、尾崎家領となる356・377
このころ代々木村大正院境内の西に将軍遊猟のための御茶屋を設ける613初めて鳥見役人を置く
正保元年164411月仙寿院、赤坂紀伊家屋敷内から千駄ヶ谷に移る1217諸国絵図の作成を行い、この頃『武蔵田園簿』できる
代々木福泉寺、浄土宗を天台宗に改宗する1120
正保2年16459月湯島山専西寺の山号を柴山と改める1190辻番の制度を整備する
正保3年1646このころ原宿熊野権現が創立されたという11484月日光例幣使がはじまる
正保4年16478月田付方円、千駄ヶ谷八幡宮に銅製砲弾を奉納する11195月江戸に大地震
慶安元年16481月千駄ヶ谷長善寺開山瑞翁が入寂する12126月農民の土地貸借を禁じる
このころ代々木村21石6斗の地、伊丹家領となる356・45012月武蔵国図の製作を命じる
慶安2年164911月瑞円寺が8石1斗の朱印地を受ける11132月農民法度を定める
将軍家光が千駄ヶ谷八幡社の鈴掛の松を命名したという6122月検地条令を定める
慶安4年16519月千駄ヶ谷神明社を遷座する11617月由井正雪の変
初台局の娘正春院(梅園局)が歿する11908月家綱、4代将軍となる
承応元年165212月『渋谷正八幡大菩薩末記』ができる14168月江戸に大風雨
このころ渋谷新町の百姓町屋ができる86810月浪人改めを布令する
承応2年1653代々木村内200石の太田家領が上知となる356・386・450江戸伝馬町の助馬の制度ができる
承応3年16546月玉川上水が完成する4834月切支丹禁制の高札をたてる
8月代々木八幡宮を再建する112212月関所の制を定める
8月北谷稲荷社を再建する1171利根川本流を銚子口へ導く
明暦2年1656浄性院開山清範が入寂する11513月関東の農民に法度を出す
明暦3年16571月聖輪寺開山宥光が入寂する11821月江戸に大火(振袖火事)
4月正春寺開山正入が入寂する1190武家拝領屋敷を上・中・下の3種に分ける
稲葉家下屋敷(旧青葉町)ができる659
万治元年165812月千駄ヶ谷に宇都宮藩主戸田家の拝領屋敷ができる730・8041月江戸に大火
閏12月大和柳本藩主織田家の拝領屋敷(旧常磐松町)ができる6725月大名火消交代制を定める
閏12月摂津麻田藩主青木家の拝領屋敷(旧豊分町)ができる6879月定火消を設ける
高島藩主諏訪家抱屋敷、拝領屋敷(旧金王町)となる675海浜を埋立て、築地をつくる
万治2年16592月浅野光晟室自昌院、法華経8巻を穏田熊野社に奉納する11657月江戸に大風雨、洪水おこる
万治3年16609月『鳩森正八幡宮縁起』ができる14132月家屋造営の制を定める
青山上水が完成する5085月江戸で霖雨洪水となる
北谷稲荷が大破し、再建する11718月伊達騒動がおこる
寛文元年16616月穏田熊野社を再建する11652月江戸図を改正する
12月代々木に高槻藩主永井家の拝領屋敷ができる8053月蘭人通商新令を定める
12月播磨小野藩主一柳家拝領屋敷(旧常磐松町)ができる6718月関所通行女手形を定める
寛文3年16632月聖輪寺を再建する11835月殉死を禁止する
7月渋谷村100石の地、根生院領となる339・357・3907月諸士法度を定める
寛文4年16643月原宿に広島藩主浅野家拝領屋敷ができる7104月大名領の朱印改めを行う
10月衆楽町の庚申塔ができる12994月老中連署の制を定める
11月三田上水が完成する50910月私娼・博奕を禁じる
代々木村の検地を野村彦太夫が行う33711月耶蘇教徒を厳禁する
幡ヶ谷村の検地を野村彦太夫が行う337・359・457三都定飛脚を始める
寛文5年16652月千駄ヶ谷に幕府の火薬庫(硝煙倉)ができる3月江戸に日傭座を置く
7月代々木村15石の地、芝神明社領となる357・391・4113月金銀の売買を禁じる
12月長岡藩主牧野家拝領屋敷(旧永住町)ができる6807月大名証人の制を廃止する
代々木村100石の地、赤坂山王社領となる357・391・4077月諸宗寺院法度を定める
寛文7年1667閏2月原宿に上野矢田藩主松平家拝領屋敷ができる70810月農村の連帯責任規則を布令
寛文8年16689月衆楽町の庚申塔ができる12981月新地奉行を置き、新地寺院の取締りを厳しくする
渋谷広尾町、町屋作りを許される879
祥雲寺、麻布から下渋谷に移る12212月江戸に大火
景徳院・香林院・天桂院、麻布から渋谷祥雲寺地中に移る1226・1230・1231
寛文9年16695月稲葉家屋敷、出石藩主仙石家下屋敷に相対替となる6772月斗量制を定める
祥雲寺地中に霊泉院が建立される12298月江戸に大地震
玉川上水から品川用水を分水する503問屋規則を定める
寛文10年16705月中渋谷村の『御拝領屋舗御抱屋舗坪数控帳』ができる420・6405月玉川上水を修理して町年寄の所轄とする
11月桜丘町の庚申塔ができる1299
岸和田藩主岡部家の抱屋敷ができる6698月町人取締の法度を定める
穏田熊野神社、浅野家抱屋敷内に囲い込まれる116711月飛脚問屋が江戸・大坂問の金銀逓送の便をひらく
福昌寺が類焼する969・1185
寛文12年1672代々木八幡宮、現在の社地に移る11203月京坂堺の市人に中国・オランダ交易の制を定める
東江寺を渋谷祥雲寺地中に再建する1227
寛文年間1661~1672このころ渋谷村の検地を行う33912月保科正之が歿する
このころ渋谷村が上・中・下3村に分かれる426徳川光圀が彰考館を開く
このころ瑞円寺に塔頭江心院が建立される1116
このころ武蔵野本藩主渡辺家下屋敷(旧若木町)ができる678
このころ徳山藩主毛利家拝領屋敷(旧豊分町)ができる687
このころ下渋谷に越後村上藩主内藤家拝領屋敷ができる693
このころ原宿に安房北条藩主屋代家拝領屋敷ができる710
このころ原宿に浜松藩主井上家拝領屋敷ができる710
 
年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
延宝元年1673 幡ヶ谷村の検地を野村彦太夫が行う337・4574月僧隠元が入寂する
延宝2年16745月田中稲荷(現金王八幡社境内)の庚申塔ができる12968月江戸に洪水おこる
10月衆楽町の庚申塔銘に下渋谷村の村名が見える422・12998月これより京都吉田家を神道の管領と称する
 千駄ヶ谷村の検地を中川八郎左衛門・関口作左衛門が行う337・397  
 穏田に鳥羽藩池田家の抱屋敷ができる70610月狩野探幽が歿する
延宝3年16758月原田正保、大江山の絵額を金王八幡社に奉納する11053月鉄砲の私蔵を禁じる
 一関藩主田村家下屋敷(旧伊達町)ができる696 諸国飢饉
 浄性院が武州浄栖寺の末を離れて京都智積院末となる1151  
延宝4年167610月中渋谷に紀伊徳川家下屋敷ができる7007月江戸大風雨、洪水となる
10月田中稲荷(現金王八幡社境内)の庚申塔ができる12969月増上寺が焼ける
11月衆楽町の庚申塔ができる129811月江戸芝金杉新堀ができる
延宝5年167710月聖輪寺境内の庚申塔ができる12951月火事場出入取締令を出す
12月仙寿院開山日遙上人が入寂する12188月市中の踊りを禁じる
 学恩寺、妙祐寺と改称する11788月江戸に大風雨
 景徳院開山墨溪が入寂する1226 『江戸雀』ができる
延宝6年16789月延命寺の庚申塔ができる13018月江戸に大地震
 穏田に百人組同心屋敷ができる7058月茶店の制を定める
延宝8年16808月延命寺の庚申塔ができる13017月綱吉、5代将軍となる
12月清岸寺門前の庚申塔ができる13038月非人、乞食の江戸居住を禁じる
 美竹町の庚申塔ができる1300  
延宝年間1673〜1680 千駄ヶ谷大番町の町屋ができる893閏8月江戸に大風雨、洪水
 三寺領千駄ヶ谷町に町屋ができる898  
 代々木に安房東条藩主西郷家拝領屋敷ができる807  
天和元年168112月老中稲葉正則が隠退して渋谷の下屋敷に閑居する814 諸国飢饉
天和3年16838月鉄砲観音を長善寺に安置する12131月江戸に大雨、洪水
 高遠藩主内藤家下屋敷の一部が上知となり、千駄ヶ谷旗本新屋敷ができる713 辻番所勤務規定を定める 定火消五組を新設する
 牛久藩主山口家下屋敷が上知となり、旗本屋敷群ができる678  
 千駄ヶ谷に長崎奉行与力同心の屋敷地ができる730  
貞享2年16858月田中稲荷の庚申塔ができる1296 長崎貿易の額を定める
8月福昌寺の『阿弥陀縁起』ができる1186  
 渋谷村3石9斗余の地、天徳寺領となる339・357・391  
貞享3年16869月長泉寺の梵鐘が作られる11772月馬匹の制を定める
10月幡ヶ谷原町地蔵窪の地蔵が建立される454・12925月蔬菜売出期を定める
11月延命寺の庚申塔ができる1301 江戸に洪水が起る
 麻田藩主青木家下屋敷(旧豊分町)が上知となる687  
元禄元年16883月福泉寺中興開基円住院が歿する1121 武家町人の華美な服装を禁じる
3月外輪地蔵堂(延命寺)が建立される1253  
元禄2年16894月松江藩主松平家の千駄ヶ谷屋敷が上知となる723 『江戸図鑑』ができる
元禄3年16901月聖輪寺境内の庚申塔ができる12957月聖堂を湯島台に移す
元禄4年16912月千駄ヶ谷の松江藩主松平家の跡地、大和郡山藩主柳沢家下屋敷となる7232月幕府勘定所役人、諸国巡見
9月宇田川町の庚申塔ができる13009月『江戸惣鹿子』ができる
元禄5年16923月代々木専西寺、正春寺と改称する11905月新地令を改める
元禄6年16938月妙祐寺の梵鐘ができる11797月江戸に大風雨
11月富ヶ谷深町地蔵が建立される12928月漁師以外の海川殺生を禁止
 代々木村内80石、千駄ヶ谷村内20石の地、根生院領となる339・357・391・403・45112月魚菜売買規則を定める
元禄7年169410月田中稲荷の庚申塔ができる1297 助郷・加助郷の制度が起る
 旗本松平外記が抱屋敷を僧快円に寄進する(室泉寺の地)679 江戸十組問屋が成立する
元禄8年16952月中渋谷の紀伊徳川家下屋敷の一部、西条藩主松平家上屋敷となり、まもなく旗本長谷川家と相対替する7012月江戸に大火
2月長安寺、赤坂一ツ木から原宿に移る123411月江戸の犬を中野犬小屋に畜う
3月千駄ヶ谷に田辺藩主安藤家拝領屋敷ができる732  
4月千駄ヶ谷の柳沢家下屋敷が上知となり、幕府用地になる723 旗本宅地規則を定める
7月旗本長谷川家屋敷、相対替で西条藩主松平家上屋敷(旧緑岡町)となる674  
9月桜丘町の庚申塔ができる1299  
 下渋谷村に織田検地が行われる352  
 千駄ヶ谷に幕府御厩ができる731  
 延岡藩主内藤家抱屋敷(現鶯谷町)ができる700  
 慈光寺、赤坂一ツ木から原宿村内上渋谷村飛地に移る1236  
元禄9年16963月東北寺、麻布桜田町から下渋谷村に移る12396月江戸に大地震
8月千駄ヶ谷の安藤家屋敷が上知となる732 大名屋敷坪数基準を定める
元禄10年1697 上・中・下豊沢村、それぞれ上・中・下渋谷村から分かれる4394月諸大名・寺社に国内地図改正の協力を命じる
 豊沢3力村に織田検地が行われる347・354  
 千駄ヶ谷焔硝蔵の規模が縮小される8837月旗本地方直しの令を出す
 高遠藩内藤家下屋敷の一部が再び上知となり、旗本屋敷に分割される713  
 渋谷の尾崎家領が上知となる379  
 このころ渋谷の島田家領が上知となる383  
元禄11年16982月牛久藩主山口家下屋敷跡の一部、三日月藩主森家上屋敷、飯山藩主本多家下屋敷となる6853月地方直しの施行基準を示す
8月竜岩寺の梵鐘ができる11889月江戸に大火
 千駄ヶ谷・穏田・上渋谷・代々木・幡ヶ谷村、内藤新宿の助郷に指定される595 内藤新宿ができる
 千駄ヶ谷御厩跡地が旗本屋敷に分割される736 赤羽川(渋谷川)大改修工事を行う
 代々木村の伊丹家領が上知となる356・365・451  
 千駄ヶ谷寂光寺、日蓮宗から天台宗に改宗する1215  
元禄12年16993月田村家下屋敷が上知となり、高遠藩主内藤家下屋敷となる6968月江戸に大風
 千駄ヶ谷拝領町屋一ヵ所起立する883閏9月旗本7千余人を賑救する
 渋谷宮益町・上渋谷村・下渋谷村の検地を伊奈半左衛門が行う352・353・35412月武家屋敷の建築規則を出す
 このころ下渋谷村上知組が成立する435 風俗の華美を禁じる
 室泉寺、芝金杉から下渋谷に移る1247  
元禄13年17007月代々木に相模山中藩主大久保家拝領屋敷ができる8118月日光奉行を置く
12月宮益御嶽権現にはじめて宮守をおく115912月徳川光圀が歿する
 渋谷新町、渋谷宮益町と改称する868 オランダ交易船5艘を限り許可する
 千駄ヶ谷拝領町屋一ヵ所起立する884  
 代々木に姫路藩主酒井家抱屋敷ができる810  
元禄14年1701 吸江寺が麻布桜田町から下渋谷に移る1250 飢饉で本所に非人小屋作る
元禄15年17022月四谷から出火し千駄ヶ谷・青山が延焼する970  
 このとき聖輪寺門前町屋が焼失する896  
5月飯山藩本多家下屋敷が上知となる6867月物価低減令・酒告令を出す
6月青山下野守、聖輪寺に石灯籠2基を奉納する118512月赤穂浪士が吉良邸に討入る
11月岸和田藩主岡部家抱屋敷の一部、同家下屋敷となる669 大名の新拝領屋敷の坪数を定める
元禄16年1703 このころ瑞円寺門前町屋ができる89411月江戸に大地震と大火
元禄年間1688〜1703 原宿に上田藩主松平家抱屋敷ができる709  
 
年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
宝永元年17045月赤穂藩主森家下屋敷(旧恵比寿東一目)ができる6992月江戸に地震
9月田中稲荷の庚申塔ができる12966月江戸近辺、大雨洪水となる
幡ヶ谷に唐津藩主小笠原家抱屋敷ができる813定火消、10組となる
東福寺の梵鐘ができる1102・1423
宝永3年17068月狩野某、田踊の額を金王八幡社に奉納する11056月宝字銀を鋳る
千駄ヶ谷に村上藩主内藤家抱屋敷ができる7179月江戸に大地震
穏田に足利藩主戸田家下屋敷ができる70610月質屋規則を出す
渋谷広尾に奥医師岡本玄冶の抱屋敷ができる695
宮益御嶽権現の社殿が再建される1160
妙円寺、四谷千日谷から穏田に移る1255
宝永4年17077月聖輪寺の増誉が入寂する11842月流言・落書などを禁じる
代々木の酒井家抱屋敷、結城藩主水野家に譲られる81011月富士山噴火し宝永山できる
宝永5年17081月幡ヶ谷酒呑地蔵が建立される12923月京都に大火
8月代々木に丹波山家藩主谷家下屋敷8105月十文銭の通用が始まる
9月延命寺の庚申塔ができる1302冬、麻疹が流行する
陸奥湯長谷藩内藤家下屋敷(旧豊沢町)ができる696
北谷稲荷社が再建される1172
宝永6年170910月上原弥之助坂(福泉寺境内)の庚申塔ができる12941月生類憐愍令を廃止する
聖輪寺門前町屋の再建を願い出る8974月家宣、6代将軍となる
宝永7年17109月延命寺の庚申塔ができる13024月武家諸法度を出す
千駄ヶ谷八幡境内の水茶屋6軒が許可される1325人宿組合ができる
宝永年間1704~1710徳山藩主毛利家抱屋敷跡(旧上智町)が盛岡藩主南部家抱屋敷となる679
渋谷氷川神社が修復される1131
正徳元年1711将軍家光の側室於満の方、代々木村内20石を無量院に寄進する390・4175月宿駅御定賃銭の基本を定む
正徳2年1712千駄ヶ谷に紀伊徳川家抱屋敷ができる7163月駅路飛脚の制度を定める
盛岡藩主南部家抱屋敷(旧上智町)、八戸藩主南部家抱屋敷となる6797月幕府勘定吟味役を置く
延命寺が再建される1179方角火消の5区域を定める
正徳3年1713千駄ヶ谷拝領町屋・渋谷宮益町・渋谷道玄坂町・渋谷広尾町が町奉行支配となる848・8673月家継、7代将軍となる
青山原宿町・青山久保町に検地が行われる885・8663月人宿組合が停止される
原宿村の伊賀者70石余、欠地高となり収公される443江戸廻りの百姓町家を市街地と定める
妙円寺の大半鐘ができる1255
正徳4年1714千駄ヶ谷に常陸下妻藩主井上家下屋敷ができる7348月諸国に飢饉が起る
穏田に糸魚川藩主松平家抱屋敷ができる7089月浅草に鋳銭所を設ける
正徳5年1715千駄ヶ谷八幡社境内の楊弓場が許可される13261月長崎貿易の新例を定める
正徳年間1711~1715新井白石、妙祐寺に来て「妙祐縦眸園十二詠」を賦す1180
享保元年17165月徳山藩毛利家下屋敷(旧豊分町)が上知となる6887月吉宗、8代将軍となる
11月田中稲荷の庚申塔ができる12979月江戸近郊の鷹場を整備する
渋谷村の領主戸田家が家門断絶し領地を没収される373江戸に疫病が流行する
青山久保町に青物問屋を開く886・925
享保2年17172月新井白石、千駄ヶ谷に屋敷を拝領する790・1081
10月将軍吉宗、鷹狩の途次に妙祐寺に立ち寄る118010月武家抱屋敷を禁じる
幡ヶ谷の神谷家領が84石余に減封される368・457
享保3年17189月長府藩毛利家下屋敷が上知となり、宇和島藩主伊達家下屋敷となる69710月内藤新宿宿場が停止となる
代々木村20石の地、無量院領となる390・417・45110月将軍吉宗、始めて駒場野に鷹狩をする
千駄ヶ谷村3ヵ寺領の一部が収公される398閏10月新金銀引換法を定める
近郊9領の鷹場を改め六筋鷹場を設置し、渋谷区地域は中野・目黒の両筋に分かれる617
享保4年171911月三田上水から道城池・田子め池に分水する5104月江戸町火消いろは組が始まる
代々木に上総一宮藩主加納家下屋敷ができる805
鷲峰寺、下高輪から下渋谷に移る1267旗本屋敷の坪数基準を役職によって定める
桜丘町の庚申塔ができる1300
享保5年172011月三根山藩牧野家抱屋敷(旧豊分町)が同家下屋敷となる6828月関東に洪水が起る
11月田中稲荷の庚申塔ができる1297宗教以外の洋書の輸入を許す
渋谷区地域の町火消、ふ・こ両組に分属する914
享保6年 1721閏7月新井白石が千駄ヶ谷屋敷に移り住む1084閏7月鷹場御用人足に扶持米支給を定める
8月糸魚川藩主松平家抱屋敷が同家下屋敷となる708
9月新井白石、千駄ヶ谷屋敷で『経邦典例』をつくる10878月小石川に薬園を開く
11月田中稲荷の庚申塔ができる1296秋、関東に洪水が起る
順正寺、鮫河橋から千駄ヶ谷に移る1263江戸の人口を調査する
享保7年17229月千駄ヶ谷に伊勢神戸藩主本多家下屋敷ができる7297月税米を諸大名に課す
三田上水と青山上水が廃止となる508・511江戸町名主の組合ができる
享保9年17242月牛窪の庚申塔ができる13033月江戸に大火事
12月新井白石、千駄ヶ谷屋敷で『史疑』を完成する10894月農民賑救の制を定める
旧三田上水を三田用水と改め、水田用水とする5138月甲府勤番を設ける
享保10年17252月久保町から出火し千駄ヶ谷辺に延焼、寂光寺が類焼する9701月定助郷・大助郷の制を止め定助郷並みとする
2月田中地蔵の庚申塔ができる1295
4月将軍吉宗、麻布新堀筋御成の折、祥雲寺が御膳所となる12243月板屋・茅屋を瓦葺に改めさせる
5月稲葉家下屋敷の一部が上知となり、下級幕吏の小屋敷となる660
5月新井白石が千駄ヶ谷屋敷で歿する10909月関東諸川修理費用賦課規則を出す
穏田村の伊賀者欠所高10石余が収公される440
享保11年17263月千駄ヶ谷の本多家下屋敷が上知となる729諸国の戸数調査を行う
3月将軍吉宗が放鷹の折に祥雲寺が御膳所となる12248月新検地条令を定める
10月延命寺の庚申塔ができる130210月諸国の悪水排除を命じる
享保12年1727品川宿助郷が2分して隔年勤役となり、渋谷諸村は第1組となる5875月1村の収穫量損失の時の検見取の基準を定める
享保13年17281月穏田の第六天社が再建される11639月江戸に大洪水が起り、両国橋が落ちる
9月松平左京大夫が願主となり北谷稲荷社が再建される1172
越後三根山藩主牧野家下屋敷(旧豊分町)が相対替で淀藩稲葉家下屋敷となる681
享保14年172910月宇田川町の庚申塔ができる13011月水利・郡村境規則を出す
代々木村200石の地、赤坂氷川社領となる390・451江戸の米穀問屋を5系統に分ける
御先手組与力斎藤十郎大夫の大筒稽古場(旧山下町)ができる698
享保15年1730代々木の加納家下屋敷、鮪江藩主間部家下屋敷と相対替となる8061月江戸町火消いろは組を10組に大別する
享保16年1731原宿・穏田・代々木村が品川宿加助郷となる5896月江戸市中の浪人を調査する
享保17年17329月長泉寺の『観音菩薩記』ができる1425諸国飢饉、疫病が流行する
下豊沢村・幡ヶ谷村の新田検地を筧播磨守が行う400・457『江戸砂子』ができる
享保18年1733このころ下渋谷、村佐兵衛が水車稼ぎをはじめる(天保年間に存続)9431月江戸の窮民が米価高騰のため打ちこわしを行う
元文元年1736広尾原が鷹狩の鶉場となる6243月米の公定値段を定める
渋谷氷川社の社殿が再建される11315月金銀を改鋳する
元文2年1737このころ下渋谷村野崎組ができる4385月井堰堤防修築の制を定める
立法寺、権田原から千駄ヶ谷に移る12652月蓄銀を禁じる
元文3年1738青山原宿町・青山久保町が町奉行支配となる849・8671月諸国の戸籍を調査する
元文4年17398月旗本松平織部屋敷跡に黒鍬者大繩屋敷ができる6765月ロシア船が安房沖に来る
11月田中稲荷の庚申塔ができる1297大阪の飛脚問屋が早飛脚を始める
12月玉川上水の各所に高札を立てる505米価が高騰する
元文5年17409月将軍吉宗、広尾原で鶉狩をする625閏7月人馬軽業を禁じる
千駄ヶ谷八幡社境内の定芝居が許可される1319
寛保元年174111月将軍吉宗、広尾原で鶉狩をする62512月寺院訴訟の制を定める
寛保2年174212月香林院持ち天桂庵が創立される12338月江戸に大風雨・洪水
延享元年17444月湯長谷藩内藤家下屋敷が上知となる6972月戸口の調査を行う
広尾原の鶉場が拡大される6249月米価調節のため市民の買米をすすめる
延享2年17452月千駄ヶ谷から出火し原宿・青山辺に延焼する97010月家重、9代将軍となる
12月類焼した原宿熊野社を再建する1149閏3月 寺社門前町を町奉行支配に移管する
延享3年1746西福寺領千駄ヶ谷大番町・千駄ヶ谷神明門前・瑞円寺門前・聖輪寺門前・3寺領・千駄ヶ谷町・渋谷東福寺門前・渋谷妙祐寺門前が町奉行支配となる893・895・896・898・901・90212月倹約令を出す
下渋谷東北寺が全焼する1239
延享4年17478月仙寿院の梵鐘ができる1218札差を9組に分け行事を定める
寛延元年1748代々木・幡ヶ谷・千駄ヶ谷村、品川宿加助郷を免ぜられる5922月廩米券書替所を浅草に置く
寛延2年17492月堀田家下屋敷の一部(旧豊分町)が相対替で上総一宮藩主加納家下屋敷となる6912月土地譲与授受の制を定める
10月大御所吉宗、広尾原で鶉狩をする6268月江戸に大風雨
寛延3年17502月千駄ヶ谷の下妻藩主井上家下屋敷、旗本永井家屋敷と相対替となる7351月農民の強訴逃散を禁じる
2月府中慶正寺を下豊沢村に移し、大聖寺を建立する123111月農民の称姓帯刀を禁じる
宝暦元年1751代々木村、再び品川宿加助郷に指定される5926月徳川吉宗が歿する
宝暦2年17528月千駄ヶ谷の出羽松山藩酒井家下屋敷が上知となる772加賀騒動が起る
旗本本多家屋敷、相対替で鳥羽藩主池田家下屋敷となる694江戸からの定期飛脚が始まる
代々木村の品川宿加助郷免除願、許されず592
宝暦4年1754山口家下屋敷の大部分(旧宮代町)が堀田家下屋敷となる6926月旗本の準養子の規定を設ける
宝暦5年175510月福泉寺の庚申塔ができる1294足利学校が焼失する
『観谷山聖輪寺観音略縁起』ができる1182・1426
宝暦6年17562月青山六道辻から出火し、千駄ヶ谷・青山一帯に延焼する9712月諸国の人・を調査する
宝暦8年17587月俳諧師雀巣、東福寺境内に鍋塚をたてる1355『万世江戸町鑑』ができる
宝暦10年17607月焔硝蔵近くの千駄ヶ谷辺での花火が禁止される
10月代々木正春寺と駒込専西寺の争論が和解する11912月江戸に大火
毛利家屋敷上知跡(旧永住町)、近江水口藩主加藤家中屋敷となる4月諸国農民の借米、借金銀を返済不用とする
一柳家下屋敷(旧常磐松町)、黒田家下屋敷となる6717月家治、10代将軍となる
宝暦年間1751~1763渋谷諸村、鷹場仕法に付き箱訴を行う636
松平忠順、金王八幡の社殿を修復する1107
明和2年17654月聖輪寺の梵鐘ができる11836月代官高割制の布令を出す
明和3年17664月立法寺の『感応高祖日蓮大菩薩略縁起』ができる14307月江戸に洪水が起る
明和4年17671月渋谷地域に麻疹が流行する9629月農民の強訴徒党を禁じる
明和6年17696月金王八幡社の門を新築する11072月農民の徒党を禁じる
天領幡ヶ谷村の貢租、定免法となる5422月上水請負人役を廃止、上水案内役を置く
吸江寺の梵鐘ができる1251
明和7年17707月東北寺が大村彦太郎商全の援助で再建される124010月江戸市中店舗の戸数を限定
夏に大旱、渋谷区地域の被害甚大となる96011月空米相場を厳禁する
明和8年17717月北谷稲荷社を松平左京大夫が願主となつて再建する11725月農民の江戸藩邸への強訴を禁じる
渋谷区地域凶作につき年貢減免を願い出る9616月江戸に大地震
 
年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
安永元年17722月目黒行人坂から出火し広尾が類焼する9721月質屋の取締り令を出す
内藤新宿の再興により代々木・幡ヶ谷両村が助郷に指定される5984月内藤新宿を再興する
道玄物見松を伐り取る876・13449月二朱銀を通用させる
安永4年1775千駄ヶ谷の堀川家屋敷、相対替で久留米藩主有馬家下屋敷となる7732月年貢米売払いを禁じる
このころ既に渋谷山吉講(富士講)が活躍する128211月辻番所制を厳にする
安永5年1776道玄坂自身番詰につき、道玄坂町と中渋谷村が争論する87910月寄合組肝煎を停止する
麻疹が流行し、北谷稲荷社末社土師家天満宮が繁昌する117211月水油売買の制を定める
安永6年177710月将軍家治が広尾原で鶉狩をする6265月農民がみだりに奉公に出るのを禁じる
10月加藤家中屋敷(旧永住町)、相対替で旗本屋敷となる690
安永7年177810月将軍家治が広尾原で鶉狩をする6262月江戸に大火
12月千駄ヶ谷に相良藩主田沼家下屋敷ができる79510月穢多非人の悪風俗を戒しむ
安永8年17791月原宿熊野社が焼失する972・11508月江戸に大風雨、洪水
5月渋谷地域に麻疹が流行する962老中田沼意次が専横を極める
安永9年17809月代々木・幡ヶ谷両村、板橋宿当分助郷に指定される6096月関東に洪水が起る
天明2年1782上渋谷村名主田中家屋敷から古銭を掘り出す、渋谷長者の遺物という256・11747月関東に大地震
天明3年178311月将軍家治が広尾原で鶉狩をする6267月信州浅間山が噴火する
渋谷区地域凶作につき年貢減免を願い出る964大飢饉、疫病が流行する
天明4年17841月渋谷広尾町から出火する972米価暴騰、打ちこわし起る
天明5年17852月将軍家治が広尾原で鶉狩をする62610月河船検印について令示する
淀藩士木田好座、稲葉家下屋敷の庭園について『御露路草案』を書く817米価値下げの町触れを出す
天明6年17867月大雨洪水のため下渋谷村6割検見引となる9661月江戸に大火
三田用水組合村々、用水利用につき歎願をする5218月老中田沼意次を斥ける
天明7年17875月渋谷区地域にも打ちこわしが行われる9683月家斉、11代将軍となる
6月原宿の屋代家屋敷の一部が上知となり、遠州横須賀藩主西尾家下屋敷となる7105月江戸に打ちこわしが起る
天明8年17881月東北寺で白木屋開祖大村彦太郎百回忌を営む12421月米穀買占めを禁じる
下渋谷村野崎善右衛門が『極秘録』を書く468・985凶作が続き、打ちこわしが起る
寛政元年1789千駄ヶ谷に上野小幡藩主松平家下屋敷ができる7333月奢侈を禁じる
千駄ヶ谷八幡社境内に富士塚を築造したという
寛政2年17902月千駄ヶ谷に三河刈屋藩主土井家中屋敷ができる784江戸府内の範囲を定める
寛政5年17931月竜岩寺境内に芭蕉句碑を建てる1187辻番請負人組合ができる
寛政6年1794原宿の上田藩松平家抱屋敷を山形藩水野家が譲り受ける7091月江戸に大火
寛政7年1795三田用水普請、すべて村々の自普請となる52712月湯島聖堂を幕府の学校とする
寛政11年17993月庚申橋の供養塔ができる13031月寛永以後の諸家系図を調査編集する
11月中渋谷村村役人、寛文10年の『御拝領屋舗御抱屋舗坪数控帳』の写しを差し出す422
寛政12年180010月渋谷氷川社、祭礼につき書上げる1314閏4月伊能忠敬に蝦夷地の実測を命じる
享和元年18016月青山忠裕が金王八幡社の社殿を修復する11083月伊能忠敬に関東沿岸の測量を命じる
『下渋谷村下豊沢村分郷一同執締議定連印帳』が書かれる2118
享和2年18024月渋谷広尾町の自身番半鐘ができる8827月江戸に洪水が起る
妙祐寺が再建される11799月富士講を禁止する
麻疹流行のため北谷稲荷社の末社土師家天満宮が繁昌する11736月諸国郡村の称呼を調査する
文化元年180412月諏訪家下屋敷の一部(旧金王町)が上知となり、相良藩田沼家下屋敷となる6759月ロシアのレザノフ、長崎に来て交易を求める
文化2年1805原宿村の伊賀者新見養助欠所6石余が収公される4436月関東取締出役を置く
延命寺の堂宇が再建される125410月市中米問屋の在方取引を取締る
文化3年18069月堀出稲荷の本尊を清岸寺に移す13971月関東郡代を廃止する
穏田に福島藩主板倉家下屋敷ができる7083月江戸に大火、市中8ヵ所に救小屋を設ける
千駄ヶ谷の内藤家抱屋敷を佐賀藩主鍋島家に譲る717
文化4年1807原宿の屋代家屋敷、新発田藩主溝口家下屋敷となる7125月関東取締出役を増強する
文化5年18083月柳本藩織田家下屋敷(旧常磐松町)、相対替で村上藩内藤家下屋敷となる6726月関東に大雨、洪水
出羽岩崎藩佐竹家抱屋敷(現桜丘町)ができる7008月イギリス船フエートン号が長崎に来る
千駄ヶ谷に常陸下館藩石河家下屋敷ができる773
文化8年18105月宮益御嶽権現に芭蕉句碑を建てる1160
文化9年1811原宿の溝口家屋敷の大部分が津和野藩主亀井家下屋敷となる7123月『寛政重修諸家譜』が完成する
文化12年181512月松崎慊堂、掛川藩を辞して渋谷羽沢の石経山房に居住する10704月杉田玄白『蘭学事始』ができる
文化13年18169月千駄ヶ谷神明門前町屋が焼失する893・972江戸に疫病が流行する
文化14年18178月村上藩内藤家下屋敷の一部(旧常磐松町)が上知となり、三根山藩牧野家下屋敷となる6734月杉田玄白歿する
11月渋谷妙祐寺門前の町屋が取り払いとなる9025月諸国、旱魃となる
12月青山久保町自身番の半鐘ができる8869月イギリス船が浦賀に来る
文政元年1818渋谷附近の香具師仲間が神農講を再興する1329江戸朱引内外地を定める
文政5年1822原宿の亀井家下屋敷、尾州今尾藩主竹腰家下屋敷となる7124月イギリス船が浦賀に来る
文政6年1823原宿の旧溝口家下屋敷の一部、挙母藩主内藤家下屋敷となる712町名主組合の肝煎名主制を改め年番制とする
文政7年18244月祥雲寺が類焼する972・12248月関東に大雨、洪水
12月再び渋谷広尾町に火災が起る972『武蔵名所考』『武江産物志』が刊行される
麻疹が流行し、北谷稲荷社末社土師家天満宮が繁昌する1172
文政8年182512月千駄ヶ谷・青山辺に火災が起る973『東都近郊図』ができる
文政9年1826これより3ヵ年、千駄ヶ谷八幡境内で香具見世を開く1321『日本外史』が完成する
文政10年18276月三根山藩牧野家下屋敷(旧常磐松町)、相対替で大和芝村藩織田家下屋敷となる67311月俳人小林一茶が歿する
6月宮益町に火災が起る973
文政11年1828渋谷辺の米商人、地廻り米問屋に告訴される937『新篇武蔵国風土記稿』が完成する
文政12年1829『御府内備考』ができる
文政年間1818~1829渋谷区地域の町々および寺杜、書上を差し出す(文政書上)
天保元年18301月青山久保町に火災が起る9733月伊勢お蔭参りが流行する
天保2年18316月広尾の佐倉藩邸内に孔子廟が建つ(翌年完成)107512月全国総石高を調査する
天保3年18323月広尾の佐倉藩邸に火災が起る9734月在方白米の江戸搬入を禁止
10月渋谷辺の水車稼・舂米屋と市中大道米舂との訴訟が始まる93710月新鋳二朱金を通用させる
若年寄堀田正敦、隠退して広尾の下屋敷に閑居する833冬、風邪流行し・賤民に御救米銭を支給する
農民の野菜直売につき久保町青物問屋と農民が争論する926
連歌師坂昌成、堀田家の『広尾山荘の記』を書く833
天保5年183412月宮益町に火災が起る9734月米価取締令を出す
下渋谷村名主半蔵、鷹場拵御用人足肝煎となる627諸国飢饉、米価が高騰する
千駄ヶ谷寂光寺、寺号を境妙寺と改める1216江戸に打ちこわしが起る
千駄ヶ谷八幡社境内で香具見世を開く1321
天保6年18353月黒田家下屋敷の一部(旧常磐松町)、相対替で丸岡藩有馬家下屋敷となる6726月江戸に地震
3月水車1件が落着する95010月天保銭を通用させる
12月青山原宿・久保町に火災が起る973
原宿に高崎藩主松平家抱屋敷ができる712
再び野菜直売につき問屋と農民が争論する929
天保7年1836『江戸名所図会』ができる
天保8年18379月中渋谷の旗本長谷川邸、沼津藩主水野家下屋敷となる7028月家慶、12代将軍となる
天保9年1838閏4月渋谷広尾辺に火災が起る97310月中山みき、天理教を開く
7月下渋谷の牧野邸に火災が起る973『東都歳事記』『江戸方角註釈』が刊行される
11月金王八幡社の社殿を修復する1110
12月宮益町に火災が起る973緒方洪庵、大坂に蘭学塾を開く
加納家下屋敷、堀田家下屋敷に囲い込む692
穏田の広島藩浅野家抱屋敷の一部、同家下屋敷となる707
天保10年183911月千駄ヶ谷に湯長谷藩主内藤家下屋敷ができる7365月渡辺崋山・高野長英を罰する(蛮社の獄)
12月四谷新宿から出火し穏田・青山に延焼する973
天保11年1840原宿の西尾邸、播磨三草藩主丹羽家下屋敷となる7112月諸国の人口を調査する
天保13年18422月下渋谷村上知組の『宗門人別帳』が書かれる21182月諸物価の引下げを命じる
2月浅野家下屋敷が上知となり、穏田熊野社が村持に戻る11684月初物売買を禁じる
12月代々木の永井家下屋敷の一部、出石藩主仙石家中屋敷となる8057月外国船打払い令をゆるめる
天保14年18434月広尾原西側に修験者と神職の拝領屋敷ができる6979月江戸十里四方収公令を出す(閏9月にとりやめる)
弘化元年18444月松崎慊堂が渋谷羽沢の石経山房で歿する10717月オランダ、開国を勧告する
弘化2年18454月長岡藩牧野家下屋敷で藩士の鉄砲稽古が行われる6801月浦賀に新砲台を築造する
8月千駄ヶ谷八幡社が再建される11187月イギリス船が長崎に来る
弘化3年18461月代々木山谷に大山道道標が建つ5791月江戸に救小屋をつくる
3月渋谷辺の香具師仲間、神農講の議定書を取りかわす1329閏5月アメリカ船が浦賀に来て交易を求める
原宿の竹腰邸の一部、出羽松山藩主酒井家下屋敷となる712
弘化4年18476月千駄ヶ谷八幡社境内で香具師見世を開く13212月関東沿岸防備を命じる
青山原宿町を緑町と改称する889
嘉永3年18504月千駄ヶ谷の松平家屋敷、今尾藩主竹腰家中屋敷となる734『武江年表』が刊行される
嘉永5年1852このころ山尻町ができる8906月ロシア船が浦賀に釆る
村上藩内藤家下屋敷(旧常磐松町)、相対替で鹿児島藩島津家下屋敷となる6739月明治天皇が誕生する
嘉永6年18536月島津藩士某、常盤松の碑を建てる134110月家定、13代将軍となる
安政元年18542月ペリーの再航のため町村取締りが強化される10223月日米和親条約を結ぶ
安政2年18553月千駄ヶ谷大番町に寺子屋竜昇堂が開かれる106710月江戸に大地震、火災を起す
10月大地震のため社寺に被害が出る
安政3年185610月三田用水組合、用水不足につき歎願をする5317月米総領事ハリス下田に来る
安政4年1857諦聴寺の『聖徳太子略縁起』ができる1433
安政6年18592月穏田から出火し、原宿・千駄ヶ谷に延焼する9746月神奈川などを開港する
安政年間1854~1859芝村藩織田家下屋敷、鹿児島藩島津家下屋敷に囲い込まれる673
万延元年18601月渋谷区地域の諸村、品川宿当分助郷に指定される10253月桜田門外の変が起る
文久元年18613月中豊沢村に見張番所を設ける(翌月停止)10442月町村取締強化令を出す
10月~和宮降嫁のため渋谷諸村、板橋宿加助郷をつとめる102612月和宮、降嫁される
文久2年18625月宮益町から出火し、青山方面に延焼する9741月坂下門の変が起る
6月岡部家下屋敷の一部、村上藩内藤家下屋敷となる6708月生麦村の変が起る
文久3年18636月このころ干代田稲荷が繁昌する11706月江戸に大火
11月渋谷長谷寺、大番組隊士市中巡邏の屯所となる10507月薩英戦争が起る
元治元年18645月渋谷長谷寺、小十人組隊士市中巡邏の屯所となる10508月長州征伐布令する
7月宮益坂に関門を設ける10538月米英仏蘭連合艦隊が下関を砲撃する
7月中渋谷・上豊沢村農民に和泉焔硝蔵の銃隊稽古を課す1038
慶応元年18654月中渋谷・上中豊沢村、品川宿加助郷を免除される594
慶応3年18678月代々木村と渋谷諸村、駒場野調練拡張反対の一揆を起す105610月大政奉還、12月王政復古
 

近代

年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
慶応4年18683月渋谷諸村、三軒茶屋の東征軍宿陣の御用を命ぜられる10631月鳥羽伏見の戦
明治元年18683~4月中豊沢村、広尾祥雲寺、東征軍宿陣となる1064・14644月江戸城が開城する
5月渋谷区地域、民政裁判所・社寺裁判所・市政裁判所の管轄下に置かれる14695月上野彰義隊の戦
6月渋谷区地域、武蔵知県事の管轄下に属する14696月武蔵知県事を置く
11月中下渋谷村・下豊沢村・原宿村・千駄ヶ谷村・宮益町を東京府へ移管する14747月江戸を東京と改め、鎮将府と東京府を設置する
吉祥寺領千駄ヶ谷村、領主御用金賦課に対して免除を歎願する5558月武家屋敷を収公する
明治2年18692月上渋谷村・上中豊沢村・代々木村・幡ヶ谷村・穏田村・品川県の管轄に属す14732月東京府朱引内外地を定める
2月千駄ヶ谷村旧名主平右衛門ら、上知跡の開墾を許される15953月名主制度を際し中年寄、添年寄を置く
5月渋谷広尾町・千駄ヶ谷町・千駄ヶ谷八幡町と前年に東京府移管の町村地方一番組に所属する14796月版籍奉還を行う
6月地方壱番組『宮益町戸籍』ができる148711月東京府兵を置く
12月品川県所轄の各村、23組に所属する148012月東京・横浜間の電信開通
明治3年18701月渋谷広尾町が3ヵ町(渋谷広尾町・渋谷上広尾町・渋谷下広尾町)に分離する15896月東京府下に小学校が開設
4月玉川上水の通船を始める162512月郵便を始める
明治4年18714月地方壱番組『渋谷宮益町戸籍書上』ができる14974月戸籍法を公布する
6月渋谷区地域、第1大区3小区・第2大区4小区・同5小区・第3大区2小区に所属する15126月東京府下に大区小区制
8月朱引内外69区制の実施により、渋谷区地域は51・55・56・58区に所属する15147月廃藩置県を行う
11月府下6大区制の実施により、渋谷区地域は2大区16小区・3大区12小区・同15小区に所属する151411月新東京府を設置する
12月宮益町『町人渡世帳』ができる164611月国民皆兵令が出る
開拓使官園ができる1601・1661
明治5年18724月各小区に戸長が置かれる15172月土地の永代売買禁止を解く
5月玉川上水の通船を禁止する16254月新しい戸長を置く
7月青山百人町・渋谷羽根沢村に神葬地を設ける15944月東京の町火消を消防組に編成替えをする
12月品川県廃止により、上渋谷村など6村、東京府に移管となる1515
渋谷区地域の人口、約7,500人<府統計>を数える15788月学制を公布する
『宮益町壬申戸籍』ができる15059月東京・横浜間の鉄道開通
『氏子町名同人員調帳』ができる152612月太陽暦を採用(3日を6年1月1日とする)
明治6年18736月今枝椿八、青山北町7丁目に今枝塾を開く16671月徴兵令を公布する
7月地租改正令が出る
明治7年18743月東京府内11大区103小区制の実施により、渋谷区地域は第7大区1小区・第8大区1小区・同3小区に所属する15161月警視庁を設置する
8月朝倉精米所が設立される18484月台湾征伐を行う
中豊沢村が中渋谷村に合併する1590『東京府志料』ができる
宮益町に巡査箱番所が設けられる1774
明治8年18751月水車稼人が『仲間規定書』を作る18372月平民に必ず苗宇を称させる
3月中渋谷村に公立渋谷小学校(後の渋谷尋常高等小学校)が設立される1687・30485月日露千島樺太交換条約調印
9月小菅用八、千駄ヶ谷仲町に小菅学校を開く167910月邏卒を巡査と改称する
このころ『渋谷村誌稿』ができる
明治9年18766月千駄ヶ谷に公立千駄ヶ谷小学校(後の千駄ヶ谷尋常高等小学校)が設立される1688・30649月帯刀禁止令が出る
明治10年1877渋谷区地域の茶業、このころより盛んとなる1623・16422月西南の役が起る
明治11年18785月下渋谷村に公立臨川小学校(後の臨川尋常小学校)が設立される1694・30503月東京府会が開かれる
11月渋谷区地域の大半が南豊島郡に所属する17007月郡区町村編制法を公布する
各村に戸長役場を置く、上渋谷・下渋谷村、原宿・穏田村、代々木・幡ヶ谷村は連合戸長役場を設ける170211月東京府下を15区6郡に分ける
明治12年18794月上渋谷村と上豊沢村、下渋谷と下豊沢村が合併する17069月教育令を公布する
12月村会議員選挙が行われる1710町村会規則を公布する
明治13年18809月四谷区に所属した千駄ヶ谷の町地を千駄ヶ谷村に合併する17404月区町村会法を公布する
火薬庫分水を三田用水に合流する18309月東京に大暴風雨
明治14年18819月原宿・穏田連合村の公立小学校(後の穏原尋常小学校)が設立される18751月東京に大火が起る
12月千駄ヶ谷村を通る麻布水道ができる179511月日本鉄道株式会社が設立
明治15年18822月代々木・幡ヶ谷連合村の公立小学校(後の幡代尋常小学校)が設立される1876・30566月新橋・日本橋間に鉄道馬車が開通する
明治16年18839月私立東京英学校(青山学院の前身)、築地から青山南町(旧緑岡町)に移転する1879・30837月官報が創刊される
下渋谷の農民、鉄道敷設反対運動を起す178111月東京商工会が設立される
明治17年18849月千駄ヶ谷小学校、暴風雨のため倒壊する30649月加波山事件が起る
明治18年18853月日本鉄道の赤羽・品川間開通、渋谷停車場が開業する178012月太政官を廃し、内閣を組織する(総理大臣伊藤博文)
7月渡辺府知事、千駄ヶ谷村から下渋谷村を巡視する1808
明治19年18861月明治天皇、南豊島御料地に行幸される20774月小学校・中学校令を公布
12月景徳院、寺名を東江寺と改称する18976月赤十字条約に加入する
明治21年188810月私立東京英和学校構内に東京英和女学校(青山女学院の前身)ができる1880・30834月市制町村制を公布する
渋谷区地域の水車数32ヵ所に達する18216月東京天文台ができる
明治22年18895月渋谷・千駄ヶ谷・代々幡の3村が成立する17412月大日本帝国憲法を発布
7月千駄ヶ谷村の一部を四谷区に分割する14593月国税徴収法を公布する
11月旧井伊家邸跡を世伝御料地に編入する20767月東海道線が全通する
青山練兵場ができる
明治23年18909月藤倉電線株式会社、千駄ヶ谷村に移転する18507月第1回衆議院議員選挙
三田用水普通水利組合が結成される183610月教育勅語が出る
台雲寺、麻布から渋谷に移転する189811月第1回帝国議会を開く
明治24年18913月天理教東京布教所、千駄ヶ谷村に設立される19033月ニコライ堂ができる
5月日本赤十字社病院(現日本赤十字社医療センター)と救護看護婦養成所(現日本赤十字看護大学)、飯田町から渋谷村に移転する2331・30969月上野・青森間の鉄道開通
明治25年18924月青物問屋円満社が開業する18566月鉄道敷設法を公布する
明治26年18933月渋谷村中渋谷に郵便受取所が設けられる19784月三多摩地域・東京府に編入
6月天理教南豊島支教会、渋谷村に設立される190310月東京米穀取引所の営業開始
8月代々木に消防組ができる1934
明治27年18945月渋谷村に消防組ができる19346月東京に大地震
12月幡ヶ谷に消防組ができる19348月日清戦争が起る
明治28年18954月甲武鉄道の飯田町・立川間が開通する17824月日清講和条約に調印する
渋谷区地域の人口、12,236人<府統計>となる17879月日本救世軍が設立される
明治29年18969月国木田独歩、渋谷村に居住する(翌春まで)18813月葉煙草専売法を公布する
渋谷区地域、豊多摩郡に所属する192412月帝国教育会が設立されろ
明治30年18978月台雲寺境内に清国軍人陣亡者弔慰之塔が建つ13693月貨幣法を公布する
明治31年189811月玉川上水新水路が完成する1797
大日本農会附属東京農学校(東京農業大学の前身)、飯田町から渋谷村に移転する20716月万国郵便条約に調印する
扶桑大教庁、芝から渋谷村に移転する19036月民法施行法・戸籍法を公布
このころ、千駄ヶ谷地域から宅地増加が始まる179310月東京市、自治体として発足
明治32年1899千駄ヶ谷村原宿消防組ができる19339月東京府下の郡会選挙施行
明治33年19001月宮益町に豊貯蔵銀行が設立される20291月東京にペストが流行する
5月堀出稲荷を代々木八幡社に合祀する13973月産業組合法を公布する
松泉寺、赤坂から渋谷村に移転する19007月北清事変に出兵する
明治34年19014月与謝野鉄幹と新詩社、渋谷村に移転する18883月国木田独歩『武蔵野』出る
4月法雲寺、麻布から渋谷村に移転する19004月昭和天皇が誕生される
12月地元有志ら、祥雲寺に鼠塚建立の募金を始める13719月義和団事件講和議定書調印
渋谷区地域の人口、20,340人<府統計>となる178912月日本赤十字社条令を公布
明治35年190211月代々木に代々幡郵便局が設置される19811月日英攻守同盟条約に調印
明治36年19035月私立実践女学校、麹町から渋谷村に移転する2067・30846月日比谷公園が開園する
11月発昌寺、渋谷村に移転する19018月東京市内に電車が開通する
明治37年19048月千駄ヶ谷停車場が開業する17832月日露戦争が起る
11月与謝野鉄幹と新詩社、千駄ヶ谷村に移る18934月煙草専売法を公布する
このころ浅藤青物市場が設立される185611月旅順総攻撃を行う
明治38年19054月村山保温板合資会社が設立される18485月日本海海戦
原宿基督同胞教会が設立される19019月日露講和条約に調印する
明治39年19066月千駄ヶ谷第二尋常小学校が設立される20503月鉄道国有法を公布する
10月代々木・原宿・恵比寿停車場が開業する17836月日米海底電線が開通する
10月千駄ヶ谷・原宿両郵便局が設置される19806月南樺太を譲り受ける
日本麦酒醸造会社の敷地、渋谷村にまで拡張される184911月南満州鉄道株式会社設立
明治40年19071月渋谷第二尋常小学校(後の大和田尋常小学校)が設立される2048・30491月帝国ホテルができる
4月千駄ヶ谷村、町制を施行する1519053月小学校令を改正、義務教育年限6年となる
4月豊沢教会が設立される19013月東京勧業博覧会を開く
8月玉川電鉄、渋谷-玉川間が開通する227710月第1回文部省美術展を開く
12月日本坩堝株式会社、下渋谷に移転する1848夏目漱石の『草枕』『虞美人草』が出る
東京市内電車、青山七丁目に達する1454
成田山一心真宗講、祥雲寺内に不動堂を建立する1902
日本基督千駄ヶ谷教会が設立される1902
明治41年19083月下渋谷に渋谷広尾郵便局が設置される19792月日米間の移民制限の紳士協定に調印する
4月尾張屋銀行渋谷支店が開設される2030
4月実践幼椎園が設立される(区内初の私立幼稚園)20654月国際無線電信条約を公布
渋谷区地域の人口、52,053人<府統計>となる17898月東京市日比谷図書館開館
沢田屋青物市場が設立される185610月戊申詔書が出る
千駄ヶ谷太神宮、千駄ヶ谷八幡宮に合祀される1161赤坂離宮ができる
渋谷基督同胞教会が設立される1902
渋谷区地域の搾乳場61を数える1996
明治42年19091月渋谷村、町制を施行する19054月種痘法を公布する
2月渋谷町に公友会が設立される19115月新聞紙法を公布する
5月宮益町郵便局が設置される19806月両国国技館ができる
7月代々木練兵場ができる176310月伊藤博文、暗殺される
11月中渋谷に新宿警察署渋谷分署が設置される177612月山手線の電車運転が始まる
道玄坂に夜店ができる2036
渋谷町各戸に電灯がつく1455
渋谷町信用組合が設立される2032
このころ、渋谷区地域の農業、水車業が衰えていく1984・1997
明治43年19103月内国貯金銀行渋谷支店が開設される20305月日英博覧会を開く
7月天祖大宮教会本院、代々幡村に設立される19046月大逆事件
12月代々木練兵場で日本人初の飛行機が飛ぶ(徳川大尉・日野大尉)8月韓国を併合する
渋谷町に出世不動堂が建立される19038月関東地方に大風水害
千駄ヶ谷ルーテル教会が設立される190111月白瀬中尉が南極へ行く
明治44年19117月穏田郵便局が設置される19813月帝国劇場ができる
8月渋谷川が氾濫して浸水家屋を出す23215月中央線が全線開通する
千駄ヶ谷町役場、八幡前に移転する19188月東京市内電車が市営となる
千駄ヶ谷町で町債発行を始める219512月市電従業員がストライキを起す
渋谷区地域の人口、70,862人<府統計>となる1789
東京市電、渋谷駅前・須田町間が開通する2274
 

大正

年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
大正元年19121月中渋谷クリスチャン教会が設立される19015月オリンピックに日本初参加
3月立正院、千駄ヶ谷に創建される19017月明治天皇崩御・大正と改元
4月臨川第二尋常小学校(後の長谷戸尋常小学校)が設立される2049・30519月明治天皇御大葬が行われる
9月千駄ヶ谷消防組ができる1934東京にタクシーが現われる
渋谷町の人口、5万人を越す1939インフルエンザが流行
道玄坂上の豊沢高等演芸館が開館する1455
私立福田会幼稚園、麻布から下渋谷に移転する2426
大正2年19131月渋谷の三業地が指定される14542月日比谷焼打事件が起る
4月京王電鉄線、笹塚-調布間が開通する22772月立憲同志会が結成される
6月村井銀行と村井貯蓄銀行の渋谷支店が開設される20302月日本結核予防協会設立
8月国民銀行渋谷支店が開設される20309月南京事件につき日華交渉を始める
10月山の手信用購買組合が設立される2032
広部銀行渋谷支店が開設される2030
大正3年19143月臨川実業補習学校が設立される20631月桜島が大噴火する
4月明治神宮敷地が南豊島御料地に内定する20791月シーメンス事件が起る
4月私立名教中学校が設立される20664月昭憲皇太后が崩御される
5月昭憲皇太后大葬殿を代々木原に設ける13697月第1次世界大戦が起る
11月渋谷実業補習学校が設立される20638月ドイツに宣戦を布告する
11月私立東京育英実業学校が設立される206812月東京駅ができる
12月有田肇編纂『渋谷町誌』が刊行される3247大正博覧会を開く
大正4年19153月泉明寺、山梨県から下渋谷に移転する20881月米価調節法を公布する
4月境妙寺、千駄ヶ谷から四谷区へ移転する15295月日華21ヵ条条約に調印
5月京王電鉄線、新宿-笹塚間が開通する22776月無線電信法を公布する
9月幡ヶ谷郵便局が設置される19816月看護婦規則を公布
10月福徳貯金銀行が開設される203011月大正天皇の即位の大礼が行われる
11月代々幡村、町制を施行する1905
11月渋谷町営図書室、大和田尋常小学校内に開設される2447・3114
12月武蔵野貯金銀行渋谷支店が開設される2030
12月道会、麹町から渋谷町に移転する2089
カネ塚が発掘される128
大正5年19164月渋谷町内を14区に分ち区長を置く19094月経済調査会官制を公布する
4月大向・猿楽両尋常小学校が設立される2049・2050・3053・30548月工場法施行令を公布する
4月私立常磐松高等女学校が設立される206711月立太子の大礼が行われる
5月広尾尋常小学校が設立される2050・305211月簡易生命保険法を公布する
6月渋谷警察署が設置される1930東村山貯水池工事が始まる
渋谷町で町債の発行を始める2195『豊多摩郡誌』が刊行される
このころ、渋谷川工業地帯ができる2000
大正6年191710月千駄ヶ谷町役場編『千駄ヶ谷町勢一覧』が刊行される32475月芝浦で極東オリンピック大会を開く
作家宇野浩二、上渋谷に居住する20728月物価調節令を公布する
大正7年19187月東京市民教会が設立される20898月シベリアへ出兵する
11月公設千駄ヶ谷市場が開設される24598月各地に米騒動が起る
12月公設渋谷市場が開設される245911月世界大戦休戦条約が成る
大正8年19192月渋谷青果市場が開設される18563月結核予防法を公布する
2月渋谷三業株式会社が設立される23934月道路法を公布する
3月渋谷町役場庁舎と渋谷町公会堂が完成する1913・24386月ヴェルサイユ講和条約調印
4月加計塚尋常小学校が設立される2050・305510月国際労働会議に参加する
4月幡代尋常高等小学校山谷分校が設立される205110月東京-大阪間の飛行郵便を試みる
4月東京府立商業学校(都立第一商業高等学校の前身)が開校する2062・307712月普選期成大会を開く
渋谷町営図書室、渋谷町公会堂内に移る2447
大正9年19204月幡代尋常高等小学校山谷分校が山谷尋常小学校と改称独立する2051・30571月国際連盟が成立する
4月山谷尋常小学校上原分教場と幡代尋常高等小学校笹塚分教場が設立される20515月第1回メーデーを行う
9月渋谷川が氾濫して浸水家屋を出す23215月鉄道省を設置する
10月渋谷区地域の人口<国勢調査>137,207人となる256510月第1回国勢調査を行う
11月明治神宮鎮座祭を行う2081
12月渋谷町営住宅を丹後町・向山町・猿楽町に建設する2457
大正10年19214月長谷戸尋常夜学校が設立される20604月職業紹介法を公布する
12月西原に山下住宅が建設される24594月メートル法を採用する
12月山谷尋常小学校分教場が上原尋常小学校と改称独立する2051・305812月日英同盟を廃し日英米仏4国協定を結ぶ
大正11年19221月府営住宅を笹塚に建設する24582月海軍軍縮条約に調印する
4月渋谷町立職業紹介所が開設される24633月上野で平和記念大博覧会
4月幡代尋常高等小学校分教場が笹塚尋常小学校と改称独立する2051・30594月東京都市計画区を指定する
4月幡代尋常高等小学校本村分教場が設立される20514月健康保険法を公布する
5月日本赤十字社産院が開設される284811月人口動態調査令を公布する
6月玉川電鉄線、渋谷-渋谷橋間が開通する227711月郡制廃止に関する法を公布
8月渋谷警察署新庁舎が完成する1931
9月千駄ヶ谷第三尋常小学校(後の鳩森小学校)が設立される2050・3065
工業技術院工業試験所、深川から幡ヶ谷に移転する
三宅雪嶺、初台に居住する(昭和20年死去まで)
大正12年19234月渋谷町営水道の一部が完成、町内に給水を開始する19624月郡制を廃止する
4月幡代尋常高等小学校分教場が本村尋常小学校(後の本町尋常小学校)と改称独立する2051・30604月恩給法を公布する
4月穏原尋常小学校分教場が穏田に設立される24049月1日、関東大震災が起る
4月私立東京写真専門学校が設立される20699月大震災の混乱のため関東地方に戒厳令が出る
5月私立國學院大學、飯田町から渋谷町に移転する20719月帝都復興院を設置する
7月代々幡町を14区に分け、区長を置く19239月大杉栄らが殺される
9月関東大震災で被害を出す、渋谷区地域内の各所に避難者収容所を設置する2147・214911月国民精神作興に関する詔書が出る
10月東京府千駄ヶ谷職業紹介所が開設される215611月戒厳令を解除する
10月淀橋警察署代々幡分署と千駄ヶ谷分署が設置される232512月特別都市計画法を公布する
渋谷町の人口が10万人を越える1940丸ビルができる
私立東京女学館、虎の門から渋谷町に移転する2429
大正13年19241月市営バス中渋谷・東京駅間が開通する22801月皇太子御成婚
1月清流寺、茨城県から渋谷町に移る20882月帝都復興局を設置する
3月渋谷町営水道が完成する19153月復興計画道路を決定する
4月府立第一商業学校内に私立建安商業学校が設立される24245月財団法人同潤会が設立される
5月東京府千駄ヶ谷授産場が開設される2462
5月玉川電鉄線、渋谷-天現寺橋間が開通する22777月メートル法を実施する
代々幡町で町債の発行を始める219510月全国労働調査を行う
このころ百軒店ができ始める1456・2395東京市営バスが始まる
鍋島遊園地(後の松濤公園)が開設される2882村山貯水池第1期工事が完成する
立正院、千駄ヶ谷から原町に移転する1901
大正14年19254月千駄ヶ谷町立職業紹介所が開設される24633月東京放送局が放送を始める
4月公設初台市場が開設される24594月治安維持法を公布する
6月渋谷駅その他で東京市交通調査を実施する22944月東京-大阪間に飛行郵便が開始される
8月渋谷川が氾濫して浸水家屋を出す2321
10月渋谷区地域の人口<国勢調査>190,774人となる25655月普通選挙法を公布する
10月千駄ヶ谷・代々幡両警察署、淀橋署から分離独立する23259月関東地方に豪雨
12月常磐松尋常小学校が設立される2404・305510月国勢調査と失業統計調査を行う
12月千駄ヶ谷町営水道第1期工事が完成する1968
 

昭和

年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
昭和元年19263月修養団本部会館ができる24491月普通選挙法施行令を公布
5月雲照寺、目白台から幡ヶ谷に移転する20864月労働争議調停法を公布する
7月渋谷・猿楽・臨川・常磐松・代々幡・千駄ヶ谷青年訓練所が設立される24404月青年訓練所令を公布する
10月明治神宮外苑が完成する20867月郡役所を廃止する
 幡代実業補習学校が設立される24238月日本放送協会が設立される
 穏田に同潤会アパートが建設される245812月大正天皇崩御、昭和と改元
昭和2年19272月市立広尾病院、一般診療を開始する23323月金融恐慌が起る
3月玉川電鉄、渋谷橋-中日黒間が開通する22773月公益質屋法を公布する
3月村井銀行渋谷支店が休業する23834月銀行の3週間支払猶予緊急勅令を実施する
2月文化裁縫女学校(文化服装学院の前身)、代々木に移転する2433  
4月小田急電鉄線、新宿-小田原間が開通する22785月山東出兵を行う
6月京王電鉄線、新宿-八王子間が全通する22778月道路網計画を決定する
4月温故学会が若木町に移転する2449  
8月東横電鉄線、渋谷-神奈川間が開通する227810月全国婦人同盟が設立される
11月渋谷町の事業成績優良につき府知事から表彰を受ける217412月東京の地下鉄上野-浅草間が開通する
昭和3年19281月渋谷町、町名地番の整理改正を実施する21632月第1回普通選挙を行う
3月広尾尋常小学校が全焼する19173月共産党員を大検挙する
3月渋谷の花街指定地が拡大される23933月国産振興東京博覧会開催
3月東京鉄道病院、千駄ヶ谷に移転する23325月済南事件が起る
4月西原尋常小学校が設立される2405・30617月特高警察が設置される
5月千駄ヶ谷町営水道、給水を開始する19688月15国不戦条約に調印する
12月城南教会、代官山に移転する247311月今上天皇の即位の大礼
 渋谷・千駄ヶ谷の山手線内側地域、電話普通加入区域となる231912月教育振興の御沙汰書が出る
 渋谷区地域の法人企業が増加し始める2366  
昭和4年19293月千駄ヶ谷町営水道第2期工事が完成する19683月国宝保存法を公布する
4月私立東京女学館小学部が設立される24304月救護法を公布する
5月代々幡町立職業紹介所が開設される24636月万国郵便条約に調印する
12月 渋谷伝道館(渋谷教会の前身)が設立される247310月日比谷公会堂・市政会館ができる
 三田用水の暗渠工事が始まる232311月金輸出解禁令を公布する
昭和5年19304月穏原尋常小学校分教場、千駄ヶ谷第五尋常小学校(後の神宮前小学校)と改称独立する2404・30671月金解禁を実施する
5月千駄ヶ谷町に市営新宿質屋が開設される24623月帝都復興祭を行う
5月羽沢公園が開設される28834月東京市復興局を廃止する
8月千駄ヶ谷授産場を渋谷に移し、渋谷授産場と改称する24625月輸出補償法を公布する
9月私立東京女子薬学校(東京女子薬学専門学校の前身)、笹塚に移転する24379月震災記念堂ができる
10月渋谷区地域の人口<国勢調査>213,533人となる25659月浅間山が噴火する
12月中原慎太郎編『千駄ヶ谷町誌』が刊行される324710月国勢調査を行う
 代々幡診療所が開設される232911月浜口首相が狙撃される
 代々幡町に消防組ができる1934 東京-大阪間に電送写真が始まる
 代官山に同潤会アパートが建設される2458  
 順正寺、世田谷烏山へ移転する1529  
昭和6年19311月渋谷に大火が起る 3月大日本連合婦人会設立
4月代々幡町に富谷・中幡両尋常小学校が設立される2405・3062・30634月労働者災害扶助法を公布
4月笹塚尋常小学校内に養護学級が設けられる24214月重要産業統制法を公布
4月千駄ヶ谷町に東京市新宿宿泊所が開設される24599月満州事変が起る
5月私立帝京商業学校が設立される243112月金輸出再禁止令を公布する
9月渋谷町公会堂で豊多摩郡市郡併合交渉委員会第1回委員会を開く2209 東京市隣接町村併合促進同盟会が設立される
9月新玉川導水路の暗渠工事が始まる2324 羽田飛行場ができる
10月代々幡町営水道の給水を開始する1968 『東京市域拡張調査豊多摩郡各町村現状調査』が刊行される
10月渋谷郵便局保険分室、渋谷町円山に設置される2317  
11月渋谷川の改修工事が完成する2321  
11月私立温故女学院が設立される2434  
 富ヶ谷に回教の会堂ができる2091  
 回教学校、富ヶ谷に移転する2092  
昭和7年19321月千駄ヶ谷警察署、原宿署と改称する23261月金兌換停止緊急勅令を公布
3月東横電鉄線、渋谷-桜木町間が全通する22781月上海事件が起る
4月渋谷・千駄ヶ谷両町と代々幡町の一部、電話普通加入地域となる23192月血盟団事件が起る
4月私立実践女子専門学校が設立される24365月5・15事件が起り、犬養首相が射殺される
5月渋谷駅裏・日本赤十字病院間の山手バスが開通する22739月日満議定書に調印する
10月渋谷・千駄ヶ谷・代々幡3町を合併して渋谷区が成立する(人口223,573人)2213・25659月商業組合法を公布する
10月岸本千秋、第1代渋谷区長に就任する22259月東京市連合防護団を結成
10月千駄ヶ谷・代々幡地区の町名地番整理改正を実施する221510月隣接5郡82町村を市域に編入して大東京市成立
10月渋谷消防署が誕生する   
10月渋谷町立図書館、東京市に移管される244710月大日本国防婦人会を結成
11月第1回渋谷区会議員選挙が行われる(44人)   
12月渋谷区青年団が設立される244411月関東に大暴風雨
 美竹教会、美竹町に移転する2473  
昭和8年19332月渋谷女子青年団が設立される24463月国際連盟を脱退する
4月青山学院女子専門部が設置される24363月米穀統制法を公布する
5月渋谷駅を中心とした交通調査を実施する23077月神兵隊事件が発覚する
6月石川源助著『東京代々木幡ヶ谷沿革名蹟史』が刊行される32478月関東地方で初の防空演習
12月鍋島松濤公園を開園する   
 渋谷区学童健康相談所が設立される30338月丹那トンネルが開通する
 各町に町内会が設けられる224612月皇太子が誕生される
昭和9年19342月渋谷区教育会が設立される24483月山口貯水池ができる
2月渋谷区立商業学校か設立される24234月東京府国防協会を結成
4月渋谷駅前に忠犬ハチ公の銅像が建つ13734月第1回日本労働祭を開く
4月帝都電鉄、渋谷-吉祥寺間が開通する22794月大日本国防婦人会設立
4月私立渋谷商業実践女学校が設立される24325月東郷元帥が歿する
4月私立日本高等鉄道学校、幡ヶ谷に移転する24366月地下鉄上野-新橋間が開通
9月幡代尋常高等小学校が全焼する2408  
9月代々木尋常高等小学校が設立される2408  
9月金王八幡神社境内に静修閣ができる246612月日米間の電話が開通する
11月東横百貨店が開業する234212月ワシントン軍縮条約を廃棄
 千駄ヶ谷第二・中幡両小学校内に実業補習学校を設立する2423  
昭和10年19353月渋谷消防署の新庁舎ができる23264月青年学校令を公布する
3月有田肇著『渋谷風土記』が刊行される32476月全国商業組合中央会設立
10月青年訓練所と実業補習学校が青年学校に改組される24408月国体明徴を声明する
10月区の人口<国勢調査>234,850人となる2266・256510月国勢調査を行う
12月本町尋常夜学校が設立される242112月ロンドン軍縮会議に参加
 
年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
昭和11年19366月豊分教会、豊分町に移転する24741月軍縮会議脱退を通告する
10月私立慶応義塾幼稚舎、芝から豊沢町に移転する24282月2・26事件が起る
12月渋谷区役所新庁舎と公会堂ができる22195月メーデーが禁止される
渋谷川宮益橋上流の改修工事が始まる232311月新国会議事堂ができる
宇田川町の陸軍刑務所で2・26事件首謀者が処刑される137711月日独防共協定に調印する
このころから区内工場、軍需工業に移行していく2376
昭和12年19371月馬場密蔵・第2代区長に就任する22252月文化勲章を制定する
2月私立青山学院緑岡小学校と緑岡幼稚園が設置される2426・24287月日華事変が起る
2月渋谷防火婦人会が発足する(22年4月廃止)
3月東京市健康相談所、中通に開設される232910月国民精神総動員実施要綱を発表する
3月市営渋谷内職授産場が開設される2463
5月家庭防火群をつくる248811月日独伊防共協定に調印する
7月新玉川導水路の暗渠工事ができる232411月大本営を設置する
私立関東高等女学校、淀橋から幡ヶ谷本町に移転する308612月母子保護法を公布する
昭和13年19383月渋谷電話局が設置される23201月厚生省を設置する
10月東京市電が玉川電鉄線渋谷-天現寺橋間を買収する22751月軍需工業動員法を公布する
12月地下鉄線、渋谷-虎ノ門間が開通する22793月衣料切符制が始まる
隣組がっくられる24863月国家総動員法を公布する
昭和14年19391月地下鉄線、渋谷-浅草間が全通する22795月米穀配給統制令を公布
6月田村春松、第3代区長に就任する22257月国民徴用令を公布する
千葉県岩井町に区立臨海学園が開設される303110月価格等統制令を公布する
昭和15年19405月東郷神杜鎮座祭を行う24686月砂糖・マツチ切符制となる
9月東京市立代々木公園が開設される28819月独伊三国同盟が成立する
10月区の人口<国勢調査>256,706人となる256510月国勢調査を行う
昭和16年19411月富ヶ谷公園が開設される18811月大日本青少年団が結成される
4月小学校が国民学校と改称される25014月米穀通帳制を実施する
4月渋谷武道館(旧公会堂)を設置する
6月区内省線各駅の交通量調査を実施する231411月国民勤労報国協力令を公布
8月本町国民学校、校舎の一部を焼失する306012月米英に宣戦を布告する
昭和17年19429月富田繁、第4代区長に就任する22254月米空軍が東京を初空襲
昭和18年19433月私立富士見丘商業学校が設立される30875月戦時食糧自給対策を決定
4月大和田国民学校に特殊学級が設置される24226月学徒動員令を公布する
4月代々木大山公園が開設される28817月東京都制を実施する
7月東京都制実施により、都制下の区として再発足する222112月学徒出陣
7月磯村英一、第5代区長に就任する2225
昭和19年19443月鉢山町に渋谷統制電話中継所が設置される29051月強制疎開を実施する
8月学童集団疎開(静岡・富山両県へ)が行われる25098月女子挺身隊勤労令を公布
8月忠犬ハチ公銅像撤去、鋳潰される
10月渋谷保健所が開設される232911月東京に空襲が始まる
11月区内に初めて空襲の被害が出る2514
昭和20年19454月空襲のため明治神宮が炎上する2518・31274月米軍、沖繩に上陸する
5月24・25日の大空襲で区内の大半が焦土となる25198月広島・長崎に原子爆弾
6月区内推定人口46,538人に減る2492・25658月15日、終戦の詔勅を放送
昭和20年19458月代々木練兵場で大東塾々生14人が自決する13759月降伏文書に調印する
9月疎開地からの復帰が始まる24389月連合国軍総司令部(GHQ)が東京に進駐する
9月ワシントンハイツとエビスキャンプができる2528
9月国民学校の仮教室・青空教室での授業が始まる261610月GHQが日本民主化の5大改革を示唆する
10-11月集団疎開の学童、母校に復帰する2616
11月区の人口(人口調査)83,831人となる256511月財閥解体の指令が出る
12月中川徴次、第6代区長となる222512月労働組合法を公布する
渋谷駅周辺その他にヤミ市ができる2534
 
年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
昭和21年19462月若木町(旧全国神職会館)に神社本庁が設立される2632・31321月天皇が神格否定を宣言
3月原宿・仰徳両国民学校、廃校となる26172月第1次農地改革を実施する
4月丸山貞二、第7代区長となる22252月金融緊急措置令を公布する
4月区の人口<人口調査>103,816人となる25653月物価統制令を公布する
5月私立山野高等美容学校が設立される31064月新選挙法による選挙を行う
7月渋谷事件が起る25425月メーデーか復活する
9月区会議員選挙管理委員会が設置される266811月日本国憲法を公布する
10月民生委員が発足する(方面委員から改組)
渋谷・上原・代々幡・千駄ヶ谷各民生事務所が開設される2869
各地域に生活協同組合ができ始める2596
昭和22年19471月各国民学校で学校給食を始める2622
1月代々木中部教会が設立される31362月ゼネストが禁止される
3月代々木国民学校、廃校となる26233月教育基本法・学校教育法を公布する
4月区内公立国民学校、区立小学校と改称される26233月都内35区を22区に統合
4月広尾・鉢山・上原・代々木各区立中学校と都立外苑中学校が設立される2624・3068・3069・3070
4月初の区長選挙が行われ、初の公選区長が誕生する2548・2673
4月佐藤健造、初の公選区長となる26524月地方自治法・独占禁止法・労働基準法を公布する
4月渋谷労政事務所が開設される2611
4月渋谷区体育会が設立される
5月渋谷区、特別区として発足する2547・2635
5月監査委員が設置される2675
5月町会、隣組を解散する2488
6月区役所出張所が設置される2549
6月渋谷防犯協会が発足する8月都内23区となる
10月区の人口<国勢調査>131,682人となる256510月国家公務員法を公布する
10月渋谷電話中継所が設置される232012月改正戸籍法・改正民法・警察法・児童福祉法・都会地転入抑制法を公布する
昭和23年19484月都立外苑中学校・渋谷区に移管される2624・30712月食糧配給公団が発足する
4月都立第一商業・青山両高等学校が設置される2629・3077・30793月新警察制度が発足する
4月私立国学院高等学校が設立される30883月東京消防本部を設置する
5月都立第一商業高校代々本分校(後の代々木高等学校)が設立される26303月都公安委員会を設置する
6月笹塚中学校が設立される2624・30726月福井地方に大地震
6月東急コンツェルンが解体する26007月教育委員会法・民生委員法・風俗営業取締法・刑事訴訟法を公布する
7月日本赤十字社産院附属乳児院が開設される2849
7月社団法人渋谷区医師会が設立される
8月忠犬ハチ公銅像が再建され除幕式を行う
10月新制の渋谷保健所が発足する28469月台風のため関東地方に被害
12月都営渋谷共同作業所が開設される287111月都教育委員会が発足する
12月区営幡ヶ谷浴場が開設される297211月極東軍事裁判の判決が下る
12月区営代々木大山運動場(野球場)が開設される2885
このころ幡ヶ谷工業地帯ができ始める294412月日本経済安定の9原則をアメリカが指示する
各地域に家庭菜園組合ができる2592生活物資の統制解除始まる
光隆寺、説教所を改め寺号を称する2470
初台教会が設立される3136
昭和24年19491月東京少年院、代々木大山町に移転する3月ドッジ米公使が経済安定策を指示する
4月松濤中学校が設立される2624・3073
4月区営初台市場を開設する
4月東京教育大学体育学部と私立青山学院・実践女子・聖心女子各大学が新設される2630
6月美竹公園が開設される28816月社会教育法を公布する
9月渋谷保育園が開園される8月シャウプ税制改正勧告案を発表する
11月聖ヶ丘教会が大和田町に移転する313612月湯川秀樹ノーベル賞受賞
11月渋谷消防団を設置する
12月道玄坂露店の営業が停止される2967
12月区内労働組合数70に達する2612
昭和25年19501月日本専売公社渋谷出張所が設置される
1月山手教会が麻布から宇田川町に移転する3136
2月松濤中学校、文部省モデルスクールに指定される3028
2月常磐松町に東宮仮御所が設置される2月都内の露店整理を始める
4月都立広尾高等学校が設立される2630・30784月公職選挙法を公布する
4月私立青山学院女子・実践女子学園・文化女子・社会事業各短期大学が設置される26305月文化財保護法を公布する
6月渋谷文教地区が指定される30436月朝鮮動乱が起る
7月岩井臨海学園が再開される30316月首都建設法を公布する
9月渋谷区小中学校PTA連合会を結成する7月日本労働組合総評議会結成
9月渋防学校が北多摩郡保谷村から移転する8月警察予備隊が発足する
10月区の人口<国勢調査>181,244人となる2565
10月都立渋谷図書館が区に移管される
11月大向通にPL教団東京支部が設立される313911月民間のレッドパージ行わる
11月渋谷区商店会連合会の結成総会が開かれる12月地方公務員法を公布する
12月区営観音浴場が開設される287212月地方制度調査会第1次勧告案を発表する
千駄ヶ谷・神泉両公設質屋が開設される2871
応慶寺、説教所を改め寺号を称する2470
東京恩寵教会が下通に移転する3136
昭和26年19512月渋谷区婦人団体協議会が結成される
3月代々木八幡遺跡の復元住居が造られる1084月首都建設委員会が発足する
3月渋谷福祉事務所が開設される28695月児童憲章制定する
3月臨川・恵比寿・鳩森・西原・初台・笹塚南各区立児童遊園地が開設される28859月対日講和条約と日米安全保障条約に調印する
4月佐藤健造、再び公選の区長となる2652
4月各地域に納税貯蓄組合ができる
9月渋谷区身体障害者福祉協会が発足する
昭和27年19525月代々木に鳩森小学校分校が設置される30252月日米行政協定に調印する
5月渋谷区社会福祉協議会が設置される30254月日本、主権を回復する
6月旧『渋谷区史』が刊行される32485月メーデー流血事件が起る
8月三田用水普通水利組合が解散する28667月住民登録を実施する
9月区長公選制が廃止される
9月地方自治法改正によつて特別区の性格が変更する26517月破壊活動防止法を公布する
9月大善寺、説教所を改め寺号を称す20888月日本電信電話公社が発足
11月渋谷区教育委員会が成立する2664・301910月都民の日を定める
三田用水土地所有権確認請求事件が起る286610月警察予備隊を保安隊と改称する
都営宮益アパートが建設される2793
私立駒沢大学分校が設置される263011月都政史料館ができる
妙祐寺、世田谷区烏山へ移転する152911月皇太子立太子礼を行う
昭和28年19531月渋谷駅前その他で交通調査か行われる2577
3月労政協議会が設置される26122月NHKテレビ本放送を開始
4月鳩森小学校分校、代々木小学校と改称独立する3025・30664月日米通商航海条約に調印
4月区長の解職投票選挙が行われる2674
4月青少年委員制度が設けられる3047・31185月日仏文化協定に調印する
4月向山公園が開設される28817月朝鮮休戦が成立する
5月11階建の店舗併用アパートが宮益坂に建設される
8月角谷輔清、初の選任による区長となる26528月青年学級振興法を公布する
9月宮下・神宮通両公園を開設する28819月町村合併促進法を公布する
11月青山に日本初のスーパー紀ノ国屋が開店する
中小企業事業資金貸付を始める260912月奄美大島が返還される
結核予防会渋谷診療所が開設される2849
金華寺、日蓮宗教会を改め寺号を称する2087
昭和29年19542月山谷小学校PTAなどがワシントンハイツ独身将校宿舎建設反対の環境浄化運動を起す3123
3月生長の家本部、赤坂から原宿に移転する31392月騒音防止条令を施行
4月渋谷区生業資金貸付を始める26783月日米MSA協定に調印する
4月私立日本赤十字女子短期大学が設置される3095
5月千駄ヶ谷に東京都体育館ができる3160
7月渋谷区美化運動本部を設置する7月防衛庁、自衛隊が発足する
7月渋谷区青少年間題協議会が設置される267910月東京産業会館ができる
9月初めての区立幼稚園(広尾幼稚園)を設立する3038・307510月原水爆禁止署名運動が起る
区教育委員会の視聴覚教育の活動が始まる3115
広尾中学校内に区内最初の青年学級が開設される3120
昭和30年19553月向山東公園が開設される28812月日本生産性本部が発足する
4月私立東海大学、清水市から富ヶ谷に移転する30945月日中貿易協定に調印する
4月渋谷区納税組合連合会が結成される
9月本町中学校が設立される3025・30737月日本住宅公団が発足する
10月区の人口<国勢調査>243,410人となる25657月経済企画庁を設置する
10月渋谷区教育環境対策委員会が設置される312311月日米原子力協定に調印する
10月恵比寿西公園が開設される288112月新東京火力発電所ができる
11月中小企業労働相談所が開設される2995
12月池袋-渋谷間のトロリーバスが開通する2737
代々本八幡古代復原住居が万国人類学会協会大会で紹介される
 
年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
昭和31年19561月渋谷区日米連絡協議会が設置される31231月原子力委員会が発足する
4月私立東京女学館短期大学が設置される30974月首都圏整備法を公布する
4月秩父宮記念診療所が開設される284910月日ソ国交回復共同宣言
10月渋谷区の紋章が制定される12月日本、国連加盟を承認される
渋谷区工場協会連合会が結成される2611
千駄ヶ谷地域のPTAなどが環境浄化運動を起す3123
昭和32年19572月恵比寿東公園が開設される28811月南極に昭和基地をつくる
3月渋谷駅前の都電発着点が移転する27362月都庁新庁舎ができる
3月児童映画劇場が開設される31172月日英通商協定に調印する
4月千駄ヶ谷文教地区が指定される3043・3125
4月東急文化会館が開館される
4月私立不二学院(代々木ゼミナールの前身)が設立される3110
8月角谷輔清、再び選任の区長となる26528月東海村の実験原子炉に点火
8月笹塚公益質屋が開設される2871
9月渋谷電報局が設置される2903
10月都立代々木高等学校(もと都立第一商業代々木分校)が設置される2630・307810月日本、国連安保理事国(非常任)となる
10月渋谷駅前その他で交通調査が行われる274311月都市高速道路網計画案を決定する
11月渋谷地下街ができる297711月小河内ダムが完成する
12月代官山公園が開設される288112月日ソ通商条約に調印する
五島プラネタリウムが開館される1384
昭和33年19583月私立日本社会事業大学が設置される3095
4月私立東海大学附属高等学校が設立される30884月売春防止法を実施する
6月渋谷区幼稚園母の会連合会が結成される30385月東京で第3回アジア競技大会を開催する
8月社会を明るくする運動(防犯協会)を開始する
10月千駄ヶ谷地域の町界町名地番の整理改正が行われる2685
10月渋谷区青少年対策地区委員会を設置する
10月明治神宮本殿が再建される312812月国民健康保険法を公布する
渋谷区安全会ができる2731
昭和34年19594月ワシントンハイツ内に大東塾々生自刃現場記念碑が建つ13764月皇太子御成婚
6月代々木地域の町界町名地番の整理改正が行われる26854月国民年金法を公布する
6月美竹町に首都高速道路公団が設置される2725
9月町会長連絡協議会が発足する9月伊勢湾台風
昭和35年19601月天津神社(第六天)を恵比寿神社と改める31331月日米新安保条約に調印する
2月「世界連邦都市」宣言を行う
2月恵比寿地域の町界町名地番の整理が行われる2686
3月恵比寿公園が開設される2881
4月外苑中学校原宿分校が設立される3025
5月幡ヶ谷・笹塚地域の町界町名地番の整理改正が行われる2686
5月オリンピック村招致区民連盟が発足する
5月渋谷区婦人団体連絡協議会が発足する6月新安保条約反対デモ隊・警官隊と衝突する
6月日米安保条約反対デモ隊、南平台の首相公邸を囲む26157月自治省を設置する
9月代々木中学校、校舎の一部を焼失する30719月NHKカラーテレビ本放送を開始する
10月区の人口<国勢調査>282,687人となる278910月醵出制国民年金を始める
11月明治神宮鎮座40年祭が行われる312810月浅沼稲次郎が刺殺される
11月渋谷カトリック教会が南平台町に移転する3137
12月恵比寿に初の区立敬老館を設置する2873
渋谷副都心地区実態調査が行われる2752
昭和36年19614月都立渋谷・幡ヶ谷両保育園が区に移管される28731月日ソ文化協定に調印する
10月三田用水土地所有権に関する地裁の判決が下る28664月都立文化会館ができる
11月代々木・西原地域の町界町名地番の整理改正が行われる2687
昭和37年19621月私立帝京短期大学が設置される30972月東京都人口、1千万人を越える
2月斎藤清亮、選任制3代目の区長となる2652
4月外苑中学校分校、原宿中学校と改称独立する3025・30749月原子力研究所の原子の火がともる
7月渋谷区町会連合会が結成される
9月渋谷駅前その他で交通調査が行われる2743
10月幡ヶ谷新道公園が開設される2881
10月下水道渋谷川幹線が開通する2859
10月区制施行30周年記念行事が行われる12月東京の高速道路1号線の一部が開通する
下水道宇田川幹線が開通する2859
区政モニター制度が設けられる2929
円山花街が衰退を示す2985
昭和38年19633月本町東小学校が設立される3025・30611月第二阪神国道が開通する
3月渋谷区オリンピック協力会が結成される31673月中川放水路の通水を開始
4月私立東海大学附属望星高等学校が設立される3088
4月北谷・幡ヶ谷第二両公園が開設される2881
6月区立西原図書館が開館する31156月黒部川第四発電所ができる
7月富ヶ谷・上原地域の町界町名地番の整理改正が行われ、住居表示制度が実施される26877月伊豆新島で国産ミサイルの試射を行う
7月渋谷区防災会議が設置される2682
7月社会福祉法人渋谷区社会福祉協議会が設置される9月松川事件の判決が下る
8月渋谷区日米連絡協議会が解散する10月東京国際スポーツ大会開催
12月ワシントンハイツが返還される288310月原子力発電に成功する
下水道千駄ヶ谷幹線が開通する2859
昭和39年19642月オリンピック協力区民大会が開かれる
3月東京都児童会館が開館する1月高層ビル建築の制限を緩和
3月地下鉄日比谷線、霞ヶ関-恵比寿間が開業する
4月大向・本町・西原・鳩森各区立幼椎園が設立される3038・3075・30764月日本、経済協力開発機構(OECD)に加盟する
4月区立富山養護学園(干葉県富山町)が開設される3036
4月私立文化女子大学が設置される3096
5月代々木電話局が設置される2904
7月地下鉄日比谷線、恵比寿-中目黒間が開業する6月新潟大地震
7月ワシントンハイツ跡に岸記念体育会館ができる31646月日米海底ケーブル開通する
8月代々木の国立屋内総合競技場ができる3151
8月ワシントンハイツ跡にNHK放送センターができる3163
8月高速道路4号線が開通する2724
8月水道制限のため自衛隊の応援給水が行われる2856
9月渋谷区交通安全協議会が結成される
9月代々木のオリンピック選手村が開かれる3152
10月高速道路3号線が一部開通する272410月東海道新幹線が開通する
10月区内の屋内総合競技場・渋谷公会堂・体育館などが東京オリンピック競技会場となる314810月東京オリンピックが開催される
11月代々木選手村オダ・フィールドが東京パラリンピック会場となる
昭和40年19651月代々木学童館が開館する(当初、渋谷学童館代々木分館)1月日刊新聞が日曜夕刊を廃止する
2月渋谷区総合庁舎・渋谷公会堂が竣工する
2月2・26事件慰霊碑が建立される2月米軍がベトナム北爆を開始する
3月原宿・穏田地域の町界・町名・地番の整理改正が行われ、第2次住居表示が実施される3月愛知県犬山市に「明治村」ができる
3月都下水道局中ノ橋出張所(港区)が移転し、氷川出張所となる
3月道玄坂の火災により「恋文横丁」が焼失する
4月地方自治法等の一部改正に伴い、都から区に福祉・保健衛生・土木などの事務の一部が移管される
4月大和田小学校に難聴学級が設置される
4月オリンピンク記念青少年総合センターが設立される
4月区役所が新総合庁舎に移転し、23区初の総合窓口を開く
4月福祉事務所が区に移管される
5月渋谷再開発促進協議会が第1回の総会を開く6月日韓基本条約を調印する
7月新橋会館(出張所・保育園・区民会館・共同作業所・敬老館)が開館する。12月朝永振1郎がノーベル物理学賞を受ける
7月区立富ヶ谷保育園が開園するこの年
10月区の人口<国勢調査>283,730人となる・ベトナム戦争が激化する
12月「目で見る区政展」を開く・不況が慢性化し、産業界再編問題が活発となる
12月旧大向小学校旧地の商業地域への変更が認められる・原宿に深夜族が出現する
 
年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
昭和41年19661月オリンピック記念青少年総合センターが開館する1月日ソ航空・貿易協定に調印する
2月斎藤清亮、区長を退任する1月第1回国債が発行される
2月『新修渋谷区史』上・中・下3巻が刊行される1月南極の昭和基地が4年ぶりに再開される
3月幡ヶ谷本町郵便局の局舎が竣工する2月ソ連衛星「月9号」が月面軟着陸に成功する
3月神泉公益質屋が廃止される2月全日空ボーイング727型機が羽田沖に墜落し、133人全員が死亡する
3月恵比寿駅東口公衆便所を設置する
4月金王・氷川・常磐松などの地域の町界・町名・地番の整理改正が行われ、第3次住居表示が実施される
4月代々木第三・富ヶ谷・伊達児童遊園地が開園する
4月放射23号線(旧オリンピック選手村を横切る部分約1キロメートル)が開通する4月中国文化大革命が起こる
5月宮下公園を立体構造に改修し再開する6月敬老の日・体育の日が決定する
7月元広尾・恵比寿地域の町界・町名・地番の整理改正が行われ、第4次住居表示が実施される
7月斎藤清亮、区長に就任する(再任)
8月神田川支流遊び場(遊歩道)が開放される
9月初の「渋谷区敬老の日大会」を開く
11月身障者家庭奉仕員制度が発足する11月国立劇場が開場する
11月第1回渋谷まつり「わんわんカーニバル」が開かれる
11月「生活環境を守る会」が発足する
11月区制施行35年を記念し、区政功労者表彰・記念事業計画の発表・区立小中学校児童生徒による絵画展などを行う12月建国記念の日が決定する
12月神宮前福祉施設(保育園・敬老館・婦人集会室・区民会館)が開館するこの年
12月代々木八幡境内の縄文時代復元住居の屋根をふきかえる・ひのえうまで、出生率が前年比25パーセント減となる
12月二軒家児童遊園地が開放される・「交通戦争」の語が生まれる
12月東二丁目遊び場(道路敷)が開放される・ミニスカート・パンタロンが流行する
昭和42年19672月鶯谷児童遊園地が開園する
2月東京家庭裁判所少年交通部が築地から千駄ヶ谷に移転する2月新100円、50円貨幣が発行される
3月豊沢児童遊園地が開園する
3月渋谷川・代官山遊び場(遊歩道)が開放される3月国際テストで日本児童の数学が世界1の成績をあげる
4月本町敬老館が開館する
4月区立大和田幼稚園が開園する4月東京都の学校群制度が発足する
4月区立代官山保育園が開園する
5月西原学童館・代官山学童館が開館する
5月渋谷四丁目遊び場(道路敷)が開放される
5月刀剣博物館が開館する
9月高速道路3号線、六本木-渋谷が開通する7月資本自由化が正式に発足する
9月渋谷区医師会が桜丘の新会館に移転する7月「住民基本台帳法」が公布される
10月区立笹塚保育園が開園する
10月織田フィールドが一般に公開される
11月笹塚母子寮が設置される
11月東急百貨店本店が開店する
11月「目で見る渋谷区施設展」を開くこの年
11月渋谷郵便局が新庁舎で業務を開始する・ヒッピー・フーテン族が出現する
11月区文教地区指定の初台・千駄ヶ谷・神宮前・氷川・新橋の一部に文教地区標示板を設置する・国民総生産1,140億ドルとなり、資本主義国第3位となる
12月千駄ヶ谷公益質屋が廃止れる(弁済業務のみ昭靭44年3月31日まで継続)・自動車保有台数が1,000万台を突破する
区立小中学校の児童生徒、幼稚園・保育園の園児の日本脳炎予防接種が全額区費負担となる6月中東戦争が始まる
昭和43年19681月西参道児童遊園地が開園する1月東京大学紛争が起こる
1月本町・幡ヶ谷・千駄ヶ谷地区の第5次住居表示が実施される
1月大向・千駄ヶ谷両出張所が新庁舎で業務を開始する
1月大向区民施設(保育園・敬老館・出張所・区民会館)が開館する
2月氷川児童遊園地が開園する
3月渋谷駅南口、東口に日本1・2位のマンモス歩道橋が完成する
4月広尾・神泉児童遊園地が開園する
4月干駄谷小学校前に区営歩道橋が完成する
4月西原・幡ヶ谷第二保育園が開園する5月十勝沖地震が発生する
4月旧区役所跡地(神宮通1-17)に東京電力渋谷支社が開設される6月小笠原諸島が復帰する
4耳西武百貨店渋谷店が開店する7月郵便番号制度が実施される
4月東三丁目・幡ヶ谷・区役所前公衆便所を設置する8月東北本線が全線複線化される
5月第1回「区民の声を聞く会」を開く10月メキシコオリンピック大会が開催される
8月上原区民施設(出張所・保育園・敬老館・区民会館)が開館する10月明治百年記念式典が挙行される
9月西原敬老館が開館する12月川端康成がノーベル文字賞を受ける
9月渋谷保健所が保健文化賞を受けるこの年
10月東京百年記念時計塔が建てられる・「昭和元禄」の語が流行する
10月本町東小学校がNHK全国学校音楽コンクール最優秀校となる・マイホーム熱が起こる
11月幡ヶ谷敬老館が開館する・公害問題の摘発が起こる
12月氷川区民施設(出張所・保育園・区民会館)が開館する・企業間の業務提携・合併が盛んとなる
昭和44年19691月西原・初台・代々木地区の第6次住居表示が実施される
2月神宮前出張所が新庁舎で業務を開姶する
3月千駄ヶ谷公益質屋が弁済業務を停止する
4月区立臨川幼稚園が開園する
4月神宮前公園が開園する
4月区立初台保育園が開園する
4月区が在宅重症身障児の巡回教育を発足させる
4月広尾第二児童遊園地が開園する
5月玉川線(渋谷-二子玉川)が廃止される5月東名高速道路が全線開通する
6月渋谷区赤十字奉仕団が発足する6月日本初の原子力船「むつ」が進水する
7月区立本町第二保育園が開園する7月米国アポロ11号が人類初の月面着陸に成功、月の石を持ち帰る
7月区立児童福祉センターが開館する(7月1日設置)
10月都電(渋谷-天現寺橋)が廃止される(これで区内の都電が全廃となる)
11月区が国民健康保険10周年を記念し、健康家庭を表彰するこの年
12月渋谷区児童手当制度が発足する・公害への関心が高まる
12月渋谷区長期基本計画策定に関し、区民意識調査を実施する・大学紛争、高校紛争が続発する
12月広尾一丁目遊び場(道路敷)が開放される・いざなぎ景気、長期継続新記録となる
昭和45年19701月明治神宮から恵比寿南までの地域に第7次住居表示が実施される(昭和38年7月1日から今回まで7次にわたって実施、全区域完了する)2月国産初の人工衛星「おおすみ」の打ち上げに成功する
3月神宮前公衆便所を設置する3月日本万国博覧会が大阪で開かれる
4月区立幡代幼稚園が開園する3月赤軍派学生による「よど号」ハイジャック事件が起こる
4月初台第二・千駄ヶ谷・円山・代官山・裏参道児童遊園が開園する
4月区が渋谷区ニュース点字版を創刊する
4月区立中央図書館が開館する(郷土資料室併設)
5月都立代々木公園(A地区、通称森林公園)が開園する5月日本山岳会がエベレスト初登頂に成功する
6月恵比寿駅西口公衆便所を設置する6月日米安全保障条約が自動延長される
7月新島青少年センター(東京都新島村)が開設される7月東京に光化学スモッグが発生する
8月渋谷区内で歩行者天国がスタートする8月銀座・渋谷などで「歩行者天国」の試みが実施される
9月「渋谷区長期基本計画審議会」が発足する
10月区の人口<国勢調査>274,491人となる
10月千駄ヶ谷区民会館が開館する
10月井上内蔵之助、区長に就任する
10月渋谷区が「公害追放宣言区」となる
11月二子玉川区民運動場がオープンするこの年
11月代々木八幡境内の縄文時代復元住居の屋根をふきかえる・年末の外貨準備高が史上最高となる
12月代々木区民施設(区民会館・敬老館・保育園・青年館)が開館する(従来の代々木区民会館を代々木八幡区民会館と改称する)
 
年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
昭和46年19713月消費者の会設立総会が開催される
4月校舎鉄筋化4ヵ年計画事業に着手する
4月笹塚公益質屋が廃止される(これで区内の公益質屋が全廃となる)4月山手線が全編成10両となる
4月区に「ねたきり老人福祉手当」支給制度が設けられる
4月氷川敬老館が開館する6月沖縄返還協定に調印する
7月御前崎臨海学園が実施される(御前崎荘、中学校の希望校)7月環境庁が発足する
8月東京都消費者センター渋谷支所がオープンする9月初の国産科学衛星「しんせい」の打ち上げに成功する
10月東京都渋谷勤労福祉会館が事業を開始する9月天皇、皇后が、西欧諸国を訪問される
10月区立教育センターが設置される
10月広尾学童館が開館する
10月区の「大気汚染測定車」が活動を始める10月中国が国連に加盟する
11月区政施行40年を記念し、区政功労者を表彰する(絵画展2月20日~12月4日・大集会室、12月6日~同11日・2階ロビー)この年
11月青山車庫跡地のゴミ積替場問題が起こる(住民反対で都が撤回する)・米軍の北ベトナム爆撃が再び激化する
12月区議会都市対策特別委員会でゴミ問題を取り扱うことを決める
12月高速道路3号線、道玄坂-用賀が完成し、全線開通する
昭和47年19721月区議会都市対策特別委員会内にゴミ対策小委員会を設ける1月グァム島で元日本兵横井庄一が発見される
3月区と都清掃局間でゴミ問題懇談会を開く2月都知事が13区に対し、清掃場設置場所選定について協力を依頼する
3月区立幡ヶ谷第三保育園が開園する2月第11回冬季オリンピック札幌大会が開かれる
3月渋谷区長期基本計画審議会が、区長に「渋谷区の長期基本計画策定のための基本構想、基本計画」を答申する2月連合赤軍の「あさま山荘」事件が起こる
4月区立中幡幼稚園が開園する3月飛鳥高松塚古墳の壁画が発見される
4月区立千駄谷幼稚園が開園する
4月笹塚公園が開園する
4月幡ヶ谷児童遊園が開園する
4月区立民間遊び場が開放される
4月観世能楽堂が初舞台を行う
4月二軒家敬老館が開館する
4月区議会自治権確立特別委員会が区民の自治意識アンケート調査を実施する
4月区民保養所「二の平渋谷荘」(神奈川県箱根町)が開館する
4月二軒家学童館が開館する
6月区が初の文化財実態調査を実施する5月沖縄が復帰し、沖縄県が復活する
6月御前崎臨海学園の新園舎が竣工する9月学制百年記念式典が挙行される
9月区立広尾保育園が開園する9月日本と中国間の国交が成立する
9月「本町(ほんちょう)」から「本町(ほんまち)」に変更する10月中国からパンダ(カンカン・ランラン)が上野動物園に贈られる
10月地下鉄千代田線、霞ヶ関-代々木公園が開通するこの年
10月地下鉄銀座線の「神宮前」の駅名を「表参道」と改称する・パンダブーム、民宿ブームが起こる
12月本町六丁目遊び場が開放される・都のゴミ処理問題が活発となる
昭和48年19733月渋谷区長期基本計画を策定し、区民に発表する(「自然と文化とやすらぎのまち」)2月円為替変動相場制に移行する
3月第1期玉川上水旧水路緑道が開放される
4月大向小学校に訪問学級を開設する
4月広尾公園が開園する
4月私立広尾上宮保育園が開園する
4月区が3ヵ年計画による緑化計画を推進するこの年
4月笹塚学童館が開館する・オイルショックで狂乱物価となる
4月区立山谷幼稚園が開園する・週休2日制の企業が漸増する
5月区が文化財調査委員を依嘱する・文庫本ブームが起こる
6月初台敬老館が開館する
6月西武パルコが開店する
6月笹塚児童遊園地が開園する5月新音訓・送り仮名を決める
7月日本発明振興会館が開館する
7月NHKが内幸町から放送センターに移転する
7月渋谷駅東口歩道橋に追加工事が行われる(総延長252.9メートル)8月旱魃の被害が戦後最悪となる
8月区立千駄ヶ谷保育園が開園する9月北ベトナムとの国交が成立する
9月「渋谷区ゴミ処理対策区民の会」が結成される10月第4次中東戦争が起こる
11月第1回「若者の祭典」が開かれる11月江崎玲於奈がノーベル物理学賞を受ける
11月代々木八幡区民施設(敬老館・区民会館)が開館する12月買いだめパニックが全国的に広がる
12月幡ヶ谷第二区民施設(区民会館・第二保育園)が開館する12月国連大学の日本設置が決定する
渋谷川宮益橋上流のフタかけが完了する
昭和49年19745月ゴミ処理対策区民の会が、清掃工場用地として代々木公園サッカー場を選定する3月ルバング島で元日本兵小野田寛郎が発見される
5月笹塚集会所が開館する5月日本女性隊がマナスル登頂に成功する
5月心身障害者福祉センターが開館する
5月渋谷区長期基本計画に基づく実施計画審議会で、区長に実施計画策定に関する具体的・年次別計画を答申する(8月に第1次実施計画(昭和50年度を初年度とする5ヵ年)を策定する)
5月区議会都市対策特別委員会が、清掃工場用地代替地として東京工業試験場跡地を決定するこの年
5月第2期玉川上水旧水道緑道が開放される・GNPが戦後初のマイナスとなる
6月上原三丁目児童遊園地が開放される
7月「区長公選実現記念区民の集い」を開く
9月区立本町第三保育園が開園する9月日中航空路が正式開通する
12月国連大学が発足する11月フォード大統領が来日する
12月区立笹塚第二保育園が開園する12月佐藤栄作がノーベル平和賞を受ける
昭和50年19752月笹塚図書館が開館する3月新幹線が東京から博多まで開通する
2月千駄ヶ谷三丁目遊び場が開放される
2月外苑中に初の重層式体育館が完成する
3月区内最古の区立渋谷小学校が創立百周年記念式典を行う
3月「渋谷区都市計画審議会条例」が制定される
3月「渋谷区文化財保護条例」が制定される
4月上原中学校に訪問学級を開設する
4月「渋谷区海外帰国児童適応教室」を設置する4月都の特別区の制度改革が行われる(区長公選・保健・福祉・都市計画・公害・建築・住宅・防災等の事務が都か
4月笹塚一丁目児童遊園地が開園する4月ベトナム戦争が終結する
4月東邦生命ビルができる
4月笹塚区民会館が開館する
4月天野房三、区長公選復活初の区長に就任する5月エリザベス英女王が来日する
4月渋谷区美化推進協議会が発足する5月日本女子登山隊がエベレストの登頂に成功する
6月区立笹塚幼稚園が開園する7月沖縄海洋博覧会が開かれる
6月白根記念郷土文化館が開館する
7月区が医師会の協力を得て、土・日・祝日等の夜間診療が受けられる制度を実施する
10月区が印鑑登録・印鑑証明の方法を新制度に切替える9-10月天皇・皇后が訪米される
10月区の人口<国勢調査>263,815人となるこの年
10月渋谷区土地開発公社が発足する・企業の不況対策が深刻化する
10月「区長移動応接室」が始まる
10月「渋谷区都市計画審議会」を設置する
11月初の社会教育館、幡ヶ谷社会教育館(保健相談所併設)が開館する
 
年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
昭和51年 19761月『渋谷区議会史』が刊行される1月鹿児島で5つ子が誕生する
3月金王八幡神社の社殿・門が渋谷区文化財に指定される  2月ロッキード疑獄事件が表面化する
4月将棋会館が開館する
5月日本赤十字社医療センターが竣工する5月被占領下の外交文書の公開が始まる
6月渋谷区防災会議が開催される(自主防災組織の早期結成を決める)7月ベトナム社会主義共和国が成立する
6月区立千駄谷小学校が創立百周年記念式典を行う9月台風19号の全国的被害が起きる(長良川が決壊する)
7月区が自治権拡大に伴う組織改正を行い、「福祉部」など1部4課を新設するこの年
10月小冊子『しぶや』1号が発行される・東北地方の冷害が深刻化する
12月猿楽古代住居跡が発見される・不況による倒産が依然続出する
昭和52年19772月上原地区青少年集会所を設置する2月日本初の静止衛星「きく」2号の打上げに成功する
2月猿楽古代住居跡の発掘調査を行う
3月鉢山町遊び場が開放される
3月「公園通り」の歩道拡幅工事が竣工する
3月教育大跡地獲得渋谷区民連盟が発足する
4月並木橋児童遊園地が開園する
4月代々木公園が開園する
4月私立聖ヨゼフ保育園が社会福祉法人立保育園として認可される(昭和29年5月1日開園)
4月私立山手幼児学園(保育園)が開園する
4月東急新玉川線、渋谷-二子玉川が開通する
4月区が渋谷区ニュース「声の広報」を創刊する
4月笹塚敬老館が開館する
6月猿楽小が富山県金山小と姉妹校の提携をする5月領海12海里、漁業水域200海里暫定措置法が成立する
9月渋谷図書館の新館が竣工し、移転する8月有珠山が大噴火する
9月代々木学童館が竣工移転する(代々木2丁目)9月王貞治がホームラン世界記録を達成する
10月渋谷区高齢者事業団(現シルバー人材センター)が発足するこの年
12月区立臨川小学校が創立百周年記念式典を行う・円高不況が深刻化する
12月代々木一丁目施設が開館する(元代々木学童館跡)・公園通り一帯が若者で賑わう
昭和53年19782月猿楽古代住居跡に弥生式住居を復元する
3月地下鉄千代田線、代々木公園-代々木上原が開通する
3月『幡ヶ谷郷土誌』が発行される
4月「渋谷区緑化推進条例」を制定する
4月猿楽古代住居跡公園が開園する
4月玉川上水旧水路緑道が開放される
4月恵比寿地区青少年集会所を設置する
4月区立元代々木保育園が開園する
5月神宮前青少年の家が開館する
5月渋谷区青少年吹奏楽団が発足する5月新東京国際空港(成田空港)が開港する
5月心身障害者(児)福祉タクシー事業制度等が発足する(区独自の制度)7月英国で試験管ベビーが誕生する
8月地下鉄半蔵門線、渋谷-青山一丁目が開通する8月日中平和友好条約が調印される
9月区立桜丘保育園が開園する9月稲荷山古墳出土の鉄剣に銘文を発見する
10月本村ずい道・6号通り・7号通り・9号通り・13号通り公園が開園する
10月京王新線、笹塚-新宿が開通する
10月区の花(ハナショウブ)、区の木(ケヤキ)が告示される
11月区の歌(渋谷愛の街・渋谷音頭)が告示される
11月第1回「区民のひろば」が開かれる、区の花(ハナショウブ)のバッジを区民に配布する
11月「たばこと塩の博物館」が開館するこの年
11月『渋谷の文学』が刊行される・円高騰、戦後最高となる
12月「春の小川」の記念碑が建てられる・ジョギング、インベーダーゲームが流行する
12月豊沢遺跡に記念碑が建てられる
昭和54年19793月古賀政男記念博物館が開館する1月米中の国交が成立する
3月第3期玉川上水旧水路緑道が開放される1月太安万侶の墓誌が出土する
4月天野房三、区長に就任する(再選)1月グラマン・ダグラス疑獄事件が起こる
4月「109」が開館する
6月初台地区青少年集会所を設置する
6月「原宿少年少女合唱団」が発足する6月東京サミットが開かれる
9月区の木(ケヤキ)のバッジデザインが決まる10月WHOが全世界天然痘根絶宣言を発表する
10月世界連邦都市宣言区のシンボルとして、区総合庁舎前に「なかよし像」が建てられるこの年
10月勤労福祉会館が都から区に移管される・学生・生徒・児童の自殺が多発する
12月渋谷神南郵便局が新局舎で業務を開始する
昭和55年19801月太田記念美術館が開館する
1月猿楽古代住居跡の復元弥生式住居が焼失する
2月私立保育園「うさぎとかめ」が開園する
3月恵比寿社会教育館が開館する3月日本山岳会隊がチョモランマ北東稜からの登頂に成功する
3月幡ヶ谷授産場が都から区に移管される
3月京王線と都営新宿線が笹塚まで相互乗入れになる
4月恵比寿保健相談所を開設する
4月区立商工会館、消費者センターが開館する5月日本、モスクワオリンピック不参加を決める
6月本町地区青少年集会所を設置する7月衆参両院の同時選挙が行われる
9月恵比寿社会教育館長谷戸分館(音楽室専用)が開館する9月イラン・イラク戦争が始まる
10月区の人口<国勢調査>247,035人となるこの年
10月区が区内の工場実態調査を始める(5ヵ年計画)・冷夏のため稲作が大不作となる
10月豊沢貝塚の発掘調査が始まる(同年12月23日終了)
12月渋谷区高齢者事業団が社団法人として出発する
昭和56年19814月渋谷区青少年リーダー・婦人指導者海外研修事業が始まる2月ローマ法王パウロ2世が初来日する
4月千駄ヶ谷四丁目児童遊園地が開園する3月ポートピア81が神戸で開かれる
5月氷川地区青少年集会所を設置する4月行政改革推進本部が発足する
6月「渋谷区中高層建築物の建築に係る紛争の予防と調整に関する条例」を施行する
6月富山健康学園の新校舎が竣工する7月英チャールズ皇太子がダイアナ嬢と結婚する
8月保健所の新庁舎か区役所総合庁舎横に完成し、業務を開始する
9月区公会堂が第1回自主文化事業としての区民のためのコンサートを開く
4月財団法人渋谷区美術振興財団が設立される
10月区立松濤美術館が開館する10月福井謙一がノーベル化学賞を受ける
10月渋谷区美化推進委員会が発足するこの年
11月区立幡代小学校が創立百周年記念式典を行う・アメリカや西欧諸国との貿易摩擦問題が大きくなる
11月「通勤新線渋谷区誘致対策協議会」を発足する
12月「峰の原青少年山の家」(長野県菅平)を開設する
区が防災無線の整備を始める
昭和57年19823月幡ヶ谷第三公園が開園する
3月国から教育大学跡地の払い下げが決定する(全体の約60%・区民総合体育施設建設用地)4月フォークランド紛争が起こる
6月区民総合体育施設準備室が発足する6月東北新幹線、大宮-盛岡が開通する
8月西原青少年集会所を設置する7月臨時行政調査会が基本答申を提出する
9月富ヶ谷学童館が開館する7月教科書の歴史記述について中国・韓国から批判抗議を受ける
9月『豊沢貝塚発掘調査報告書』が発行される12月飛鳥山田寺の遺構が出土する
10月渋谷区制施行50周年記念式典を行う(『渋谷はいま』を発行する、区制功労者表彰を行う)この年
11月私立鳩の森保育園が、社会福祉法人立保育園として認可される(昭和21年開園)・不況の慢性化が深刻化する
11月区政資料コーナーを開設する・男女共、世界の長寿国となる
防災行政無線放送塔が設置される(56年度中20個所、57年度中40個所)
昭和58年19832月松濤美術館で第1回公募展を開く2月老人保健法を施行
3月松濤美術館で第1回小中学生絵画展を開く6月参議院議員選挙に比例代表制が併用される
3月防災行政無線(固定系広報用)が完成する(4月1日から「家路」のチャイム放送を始める)9月大韓航空機撃墜事件が発生する
4月天野房三、区長に就任する(3選)10月三宅島で大噴火が起きる
8月笹塚地区青少年集会所を設置する11月レーガン米大統領が来日する
9月国立能楽堂が開館するこの年
11月「渋谷区基本構想審議会」が発足する・南極観測船「ふじ」が現役を終了する
渋谷区制50周年記念制作映画『あの日あのとき-渋谷が歩んだ半世紀-』ができる・銀行等が第2土曜日の休業を始める
区指定文化財調査(金王八幡神社)を行う
昭和59年19842月初めて『しぶや』(散策マップ)が刊行される3月グリコ社長誘拐事件が起こる
3月第1回「渋谷区婦人のつどい」を開く6月厚生省が日本が世界一長寿国と発表する
3月東京都消費者センター渋谷支所が閉所する
7月「二の平渋谷荘」の増築が完成する9月インドのガンディ首相が暗殺される
11月東京電力エネルギー館が開館する11月新紙幣(1万円札ほか)が発行される
11月本橋兼義・織田幹雄両氏が初の名誉区民に選ばれるこの年
12月第1回「区民音楽の集い」を開く・アフリカの飢餓が拡大する
昭和60年19853月渋谷駅が開業百年記念を迎える1月両国国技館が復興する
4月「ギャラリー・TOM」が開館する3月科学万博「つくば85」が開幕する
4月都立代々木公園に野外音楽堂がオープンする
4月丸井渋谷店がオープンする
5月パリ市6区と文化交流協定を結ぶ4月日本電信電話株式会社・日本たばこ産業株式会社が発足する
5月第1回東京国際映画祭を開く(NHKホールほか区内各所)5月男女雇用機会均等法が成立する
6月東京国際研修センターが開所する
7月渋谷図書館富ヶ谷分館が開館する
10月千駄ヶ谷敬老館が開館する
10月区の人口<国勢調査>242,416人となる8月日航ジャンボ機が尾巣鷹山に墜落する(死亡者520人)
10月渋谷区スポーツセンターが開館する9月メキシコ大地震が起こる
11月子どもの城が開館するこの年
11月パリ市6区との文化交流協定成立記念特別展を開く・こどものいじめが横行、「いじめ元年」の言葉が流行語となる
11月都から都市再開発方針(素案)が発表される
11月渋谷区基本構想を策定する
12月「二の平渋谷荘」が新装開館する
12月教育センター内に「いじめ相談室」を開設する
 
年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
昭和61年19862月渋谷区基本構想実施計画(第1次)を策定する2月アキノ夫人がフィリピン大統領に就任する
3月渋谷区個人情報の保護及び情報公開審議会が発足する
3月渋谷保育園・学童館が新築移転する
4月西原一丁目公園が開園する4月60歳定年法が成立する
4月文字放送(渋谷区番組)を始める4月ソ連チェルノブイリ原子力発電所で大事故が発生する
7月区が國學院大學考古学資料館と協力し、初の大学公開講座を開く5月東京サミットが開かれる
7月檜原自然(東京都檜原村)の家を開設する
9月情緒障害学級「ふたば学級」を開級する11月米ソ首脳のレイキャベク会談が行われる
10月渋谷市実現をめざす区民集会を開く11月伊豆大島三原山が噴火する
10月渋谷区個人情報の保護及び情報公開審議会から答申を受けるこの年
11月『渋谷の水車業史』が刊行される・新人類・知的水準などの言葉が流行する
昭和62年19873月千駄ヶ谷社会教育館が開館する1月円高が加速する
4月渋谷区児童・生徒日本語教室を開設する3月南氷洋商業捕鯨が終幕となる
4月渋谷区老人ケアセンターが開館する(渋谷区高齢者ケアセンター)
4月幡ヶ谷駅前公園が開園する
4月天野房三、区長に就任する(4選)4月国鉄分割、JRグループが発足する
5月渋谷区の絵はがきができる5月売上税法案が廃案となる
5月広尾東・広尾北公園が開園する
5月世界連邦東京都渋谷区連合会総会を開く
7月渋谷区勤労者共済会が発足する
7月通勤新線を渋谷区に誘致するための要望書を提出する(7月、JR東日本社長宛・8月、金丸国務大臣宛・12月、石原運輸大臣宛)
7月都の恵比寿地区整備計画(素案)がまとまる
8月区民のひろばのシンボルマークが決まる12月米ソ中距離核兵器廃棄条約を調印する
9月宮下公園脇の山手線ガード下区道の拡幅工事が完了し、通行を再開する(都の最終補助事業)この年
10月『渋谷区緑の実態調査報告書』がまとまる(昭和61年度調査)・ソ連でペレストロイカ(改革)が始まる
10月「公園通り」の歩道のカラー舗装化が完了する・株が暴落する
11月戸栗美術館(陶磁器)が開館する・若者にビリヤードが流行する
12月渋谷区景観づくり懇話会が発足する・映画「マルサの女」「ハチ公物語」「プラトーン」などが人気を博す
昭和63年19881月長谷戸小学校に「夕やけこやけの碑」が建てられる
2月渋谷区基本構想実施計画(第2次)を策定する
3月東横線代官山駅のホームの延長・踏切の立体化が完成する3月青函トンネル鉄道が開業する
3月㈱渋谷都市整備公社(公共駐車場建設のための第3セクター)が設立される4月瀬戸大橋が開通する
4月本町公園が開園する6月日米牛肉・オレンジ交渉が最終結着する
4月名誉区民本橋兼義氏が逝去する8月イラン・イラク戦争が終結する
10月第1回「渋谷区歩け歩け大会」を開催する9月ソウルオリンピックが開催される
10月個人情報の保護及び情報公開制度について答申を受けるこの年
12月渋谷区における景観計画のあり方とその課題について答申を受ける・天皇陛下が重病となられ自粛ムードが広がる
12月特別養護老人ホームの建設用地を取得する(西原二丁目)・ビール業界がドライ合戦で盛りあがり、空前の売れゆきが続く
 

平成

年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
平成元年1989                        3月金王八幡社の門の修理が完了する 1月元号が「平成」となる
3月西原学童館が新装開館する   
4月区役所等の第2・4土曜の閉庁が実施される   
5月ハチ公像が渋谷駅方向に向きを変える 4月消費税が実施される
6月上原社会教育館が開館する 6月美空ひばりが死去する(のち国民栄誉賞を受ける)
6月本町図書館が開館する   
7月教育センター内に登校拒否相談指導教室を開設する   
9月東急文化村が開館する 8月東独市民が西独へ集団脱出する
9月渋谷駅前広場の整備が完了する 10月ハンガリー・ポーランドで民主化改革が行われる
9月渋谷区景観計画を策定する 11月日本労働組合総連合会が発足、総評が解散する
10月散策路「美術館ルート」が完成する(「旧玉川上水跡ルート」は平成7年度完成予定)  この年
11月都立第一商業高等学校校庭から先土器時代の遺物「黒曜石石器」が発見される  ・ベトナム難民の長崎上陸が続く
12月特別養護老人ホームの建設工事に着工する  ・消費税の見直しと廃止論が活発化する
平成2年1990                    1月中央図書館に「洋書コーナー」を開設する   
2月渋谷区基本構想実施計画(第3次)を策定する 2月公職選挙法が改正される
3月渋谷区土地利用計画(素案)がまとまる   
3月渋谷区緑化基本計画を策定する   
3月㈱渋谷サービス公社が設立される  この年
4月個人情報の保護・情報公開制度が実施される 8月イラクがクウェートに侵攻する
6月東京都写真美術館が開館する 9月第11回アジア大会が北京で開催される
7月山中高原学園本館棟が完成する 10月東西両ドイツの統一が実現する
9月渋谷駅前派出所が竣工し、移転する 11月天皇の即位礼が行われる
10月区の人口<国勢調査>205,629人となる 12月「ソユーズTM11」飛行士秋山豊寛が日本人として初めて宇宙を飛ぶ
 東京体育館が新装オープンされる  ・中東湾岸危機に世界の世論がわく
平成3年1991    1月区立図書館が全館オンライン化される 1月湾岸戦争が勃発する
5月笹塚地区で初の自転車等放置禁止区域を指定する 5月雲仙普賢岳噴火で土石流発生
6月特別養護老人ホーム「けやきの苑・西原」を開設する   
平成4年1992            1月渋谷女性センター・アイリスを開設する   
1月渋谷区の人口が20万人を割る(194,701人)   
3月『渋谷区教育史』を刊行する 9月毛利衛、スペースシャトル「エンデバー」に搭乗
10月渋谷区ピアハウス恵比寿が入居開始する   
 美竹分庁舎を開設する   
 区役所等の土曜閉庁が実施される   
 小・中学校の第2土曜日休業が実施される   
平成5年1993  4月区役所前公共駐車場がオープンする 6月皇太子御成婚
 神南分庁舎を開設する   
平成6年1994          4月社会福祉法人「渋谷区社会福祉事業団」を設立する 7月日本人女性(向井千秋)初の宇宙へ
10月恵比寿ガーデンプレイスがオープンする   
10月ピアハウス東が入居開始する   
 神宮前一丁目で不発弾が発見され、撤去される   
 高齢者保健福祉計画を策定する   
 笹塚自転車リサイクル整備場を設置する   
平成7年1995        5月「渋谷区あやめの苑・代々木」が運営開始する 1月阪神・淡路大地震が起る
6月リサイクルセンター「レインボーほんまち」を開設する 3月地下鉄サリン事件が起きる
7月大和田図書室を開設する   
 東京ウィメンズプラザが開設される   
 渋谷区基本構想審議会の答申を受ける   
平成8年1996                          1月「1月17日防災点検の日」を制定する   
3月JR埼京線が恵比寿駅まで延長される   
4月「4・28、渋谷の日」一斉清掃を実施する   
4月「渋谷区震災対策総合条例」を施行する   
4月コミュニティFM(しぶやエフエム)が開局される   
5月猿楽トレーニングジムを開設する   
6月「花菖蒲を観る交流会」を開催する   
7月本町子育て支援センターを開設する   
8月東京オペラシティが完成する   
10月高島屋タイムズスクェアがオープンする   
 渋谷区基本構想を策定する   
 幡ヶ谷保健相談所を移転開設する   
 心身障害者生活実習所「つばさ」を開設する   
 障害者保健福祉計画を策定する   
平成9年1997                4月渋谷・大和田・大向の3小学校を「神南小学校」に、外苑・原宿両中学校を「外苑原宿中学校」に統合する   
5月区民住宅「ファミリエ神宮前」を開設する   
5月中幡小学校温水プールを開設する   
10月「渋谷区区民憲章」を制定する   
10月新国立劇場がオープンする   
 渋谷区制施行65周年を迎える   
 渋谷区制施行65周年記念式典を行う   
 第20回渋谷区くみんの広場を開催する   
 恵比寿駅ビルがオープンする   
平成10年1998        4月第1回渋谷・鹿児島おはら祭りが行われる 2月冬季オリンピック長野大会開催
4月「きれいなまち渋谷をみんなでつくる条例」を施行する   
11月渋谷区区民憲章碑を建立する   
 新宿サザンテラスがオープンする   
 都・区合同総合防災訓練を実施する   
 
年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
平成11年1999            4月「ケアコミュニティ・原宿の丘」を開設する   
4月「シニアいきいきコミュニティ条例」を施行する   
6月「ケアコミュニティ・美竹の丘」を開設する   
10月「ダイオキシン類の排出規制に関する条例」を施行する   
 日中友好のシンボル緑蕚梅が開花する   
 高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画を策定する   
 地下鉄13号線の建設着手が決定する   
平成12年2000                      4月介護保険制度が発足する   
4月特別区制度改革が実現する   
4月「総合ケアコミュニティ・せせらぎ」をオープンする   
4月渋谷マークシティがオープンする   
4月「安全・安心でやさしいまちづくり条例」を施行する   
6月「特定商業施設の立地調整に関する条例」を施行する   
8月代官山アドレスが完成する   
9月区民・区営住宅「代官山アドレス」を開設する   
10月代官山スポーツプラザを開設する   
12月都営地下鉄大江戸線が全線開通する   
 都市計画マスタープランを策定する   
 清掃事業が移管される   
平成13年2001                4月屋上緑化を義務づける「みどりの確保に関する条例」を施行する 4月家電リサイクル法施行
4月ファミリー・サポート・センターを開設する   
5月東急セルリアンタワーがオープンする   
7月初のビオトープが原宿の丘屋上に完成する   
8月渋谷地区清掃工場が本格稼働する   
8月鳩森子育て支援センターを開設する   
 環境基本計画を策定する   
 笹幡学童館を開設する   
 精神障害者就労支援施設「ハートバレーしぶや」を開設する   
平成14年2002                2月ひがし健康プラザを開設する  完全学校週5日制実施
4月氷川の杜公園が開園する   
10月渋谷区制施行70周年を迎える  住民基本台帳ネットワークシステム稼働
10月平和・国際都市渋谷の日が制定される   
11月本町さくら公園が開園する   
 神宮前穏田区民会館が開館する   
 ケアステーション笹幡本町を開設する   
 渋谷区環境まちづくり宣言を採択する   
 並木橋リサイクルセンターを開設する   
平成15年2003                1月「渋谷区ワンルームマンション等建築物の建築に係る住環境の整備に関する条例」を施行する   
2月リフレッシュ氷川を開設する   
3月渋谷区コミュニティバス「ハチ公バス」が運行開始する   
6月東急文化会館閉館   
7月代々木ポニー公園が開園する   
 高齢者保健福祉計画(第3次)・介護保険事業計画(第2次)を策定する   
 幡代学童館を開設する   
 精神障害者地域生活支援センターを開設する   
 ひがし健康プラザ子育て支援センターを開設する   
平成16年2004                3月富谷子育て支援センターを開設する   
4月渋谷駅を中心として半径300m以内を分煙ルールの重点地区として指定   
7月就労支援センター「しぶやビッテ」を開設する   
9月渋谷区コミュニティバス「ハチ公バス本町・笹塚循環・春の小川ルート」が運行開始する   
10月中幡子育て支援センターを開設する   
 「渋谷区戸籍事務及び住民基本台帳事務における本人確認等に関する条例」を施行する   
 クリエーションスクエアしぶやを開設する   
 美竹公園ジョーダンコートを開設する   
 子ども家庭支援センターを開設する   
平成17年2005                4月ふれあい植物センターを開設する   
4月恵比寿・原宿駅前を「分煙ルール重点地区」に指定する   
6月二の平渋谷荘を全館リニューアルし、オープンする   
7月白根記念渋谷区郷土博物館・文学館をリニューアルオープンする   
9月トルコ共和国・イスタンブール市「ウスキュダル区」と友好都市提携協定を調印する   
10月奈良県代官山iスタジオがオープンする   
12月「美竹の丘・しぶや」(特別養護老人ホーム・ケアコミュニティ美竹の丘・保育園・介護予防施設)を開設する   
 区立幼稚園・小中学校で二学期制を実施する   
 災害時における飲料水の提供協力に関する協定を日本コカコーラ㈱と調印する   
平成18年2006                        2月臨川みんなの図書館が開館する   
2月表参道ヒルズがオープンする   
4月参宮橋公園が開園する   
5月上原中学校を改築し、温水プールを開設する   
10月渋谷公会堂をリニューアルオープンする。ネーミングライツの採用により「渋谷C.C.Lemonホール」に変わる   
10月ハチ公前広場に電車モニュメントが完成する   
11月幡ヶ谷高齢者センターを開設する(はつらつセンター幡ヶ谷)   
11月第1回渋谷音楽祭が開催される   
12月「渋谷区ラブホテル建築規制条例」を施行する   
12月「渋谷区マンスリーマンション等建築等規制条例」を施行する   
 宮下公園フットサル場を開設する   
 渋谷駅周辺(4ヵ所)にデジタル地図案内板を設置する   
 渋谷駅周辺地下街等浸水対策事業が完了する   
平成19年2007        1月グループホーム笹塚を開設する   
3月渋谷区国民保護計画を策定する   
6月松濤の温泉施設が爆発する   
11月富ヶ谷高齢者センターを開設する(はつらつセンター富ヶ谷)   
11月広尾子育て支援センターを開設する   
平成20年2008            2月渋谷区コミュニティバス「ハチ公バス神宮前・千駄ヶ谷ルート:神宮の杜(もり)ルート」が運行開始する   
5月区民菜園を開設する(恵比寿・美竹・参宮橋)   
6月渋谷区障害者福祉センターはぁとぴあ原宿を開設する   
6月子ども発達相談センターを開設する   
6月重要文化財「旧朝倉家住宅」を一般公開する   
6月東京メトロ副都心線、渋谷-和光市が開通する   
11月渋谷駅に岡本太郎「明日の神話」を常設する   
 
年号西暦渋谷区域のできごと『新修渋谷区史』
に掲載のページ
おもなできごと
平成21年20092月ケアステーション本町を開設する   
3月はつらつセンター参宮橋を開設する   
3月渋谷子育て支援センターを開設する   
4月区民菜園を開設する(東一丁目)   
平成22年20103月西原図書館・西原出張所を新築し、再開設する   
3月中幡・笹塚子育て支援センターを開設する(名称変更・移転)   
3月首都高速中央環状新宿線が開通する   
4月山谷かきのみ園を開設する   
5月中央図書館を新築し移転する   
6月笹塚こども図書館を開設する   
7月渋谷区コミュニティバス「ハチ公バス上原・富ヶ谷ルート」が運行開始する   
9月代官山保育園を新築する   
10月地域交流センター新橋を開設する   
10月新橋出張所・新橋保育園・新橋作業所が新築開設する   
10月渋谷駅周辺都市基盤整備事業が開始される   
11月代官山ティーンズ・クリエイティブ、代官山子育て支援センターを開設する(名称変更・移転)   
11月アクティブ住宅新橋を開設する   
11月文化総合センター大和田を開設する   
11月こもれび大和田図書館を再開館する   
平成23年20113月地域交流センター大向を開設する 3月東日本大震災
3月大向保育園を新築開設する   
3月第1回渋谷表参道Women's Runが開催される   
4月千駄ヶ谷なかよし園を開設する   
4月宮下公園リニューアルオープンする(ネーミングライツにより通称名「みやした こうえん」)   
11月地域交流センター西原を開設する   
平成24年20123月東京都児童会館が閉館する   
4月小中一貫教育校、渋谷本町学園を開校する   
4月渋谷ヒカリエがオープンする   
5月地域交流センター二軒家を開設する   
5月一般財団法人渋谷区観光協会が発足する   
6月渋谷本町学園温水プールを開設する 7月改正住民基本台帳法が施行される
6月区民サービスセンターを開設する 7月外国人登録法が廃止される
6月防災センターを開設する   
6月川本喜八郎人形ギャラリーを渋谷ヒカリエ内に開設する   
10月渋谷区制施行80周年記念式典を行う   
平成25年20133月渋谷区のPRキャラクター「あいりっすん」が誕生する   
3月東急東横線と東京メトロ副都心線が相互直通運転を開始する   
4月地域交流センター恵比寿を開設する   
4月恵比寿保育園が新築開設される   
4月都市計画道路補助60号線の拡幅工事が完了する   
7月コミュニティFM(しぶやエフエム)が廃止される   
8月渋谷区こども・親子支援センター(かぞくのアトリエ)を開設する   
9月たばこと塩の博物館が休館する